望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

地下鉄の乗り方を教えてもらう

七軍曹
WRITER
 
地下鉄の乗り方を教えてもらう
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

日本では一時期、飲酒運転、
停留所で止まらないなど、
バスの運転手の不手際が、おこっていた。

毎日使っているsubwayでの出来事。
乗り換えの駅で、降りようとしたら・・・
なんと、ドアが開かないではないか!

しばらくした後、
地下鉄は何事もなかったように、次の駅へ。

こんなことは、日本ではありえないよな~。(笑)

次の駅では、ドアは開いたので、
故障ではなかったかもしれない。
乗客は、Oh my god ! って、
叫んでいたけど、その後は何事もなかったように、
前の駅に戻っていった。

それにしても、この地下鉄は本当にボロい。
電車というより、ジェットコースター、
地下版のバスと言ったほうがいいかもしれない。

しかし、値段がものすごく安い。

ボストンは、
地下鉄がものすごく発達しているのだが、
どの区間でも、
1ドル25セント(2004,3月現在)で
乗ることができる。

駅に駅員さんらしき人が全くいない。
改札が、無人。
(多くの駅では、1ドル25セントで購入した、地下鉄用のコインを機械に入れるだけ)

この地下鉄については、
今後もご紹介するケースがあると思う。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です