望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

【社員教育】経営者と経営幹部に流れる天の川に橋をかける

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

こんにちは。網倉です。
「社長の知恵袋 右腕・セカンドオピニオン 天の川レポート」
が、いよいよ、はじまります。

私には、ライフワークが、あります。
それは、人と人との間に流れる天の川に、橋をかける事です。

人と人とが、交われば、そこでは、コミュニケーションがはじまります。
コミュニケーションがはじまれば、そこには、必ず、天の川が流れます。

そして、残念なことに、彼らがお互いに、
わかり合おうとすれば、するほど、
自分の主張を相手に伝えようとすればするほど、
熱心になればなるほど、彼らの間には、大きな天の川が生まれるのです。

厄介なのは、通常、熱心であればあるほど、天の川が大きくなる事です

つまり、お互いに無関心であれば、天の川は、発生しないのですが、
(無関心。そのような組織には、もちろん未来はありません。。。)

熱心だからこそ、
より良くして行きたいからこそ、天の川が生まれる事です。

その天の川に、橋を架けたいというのが、私のライフワークです。

・経営者とお客さんとの間には、マーケティングの天の川が、流れています。
・経営者と幹部との間には、幹部教育の天の川が、流れています。
・経営者と社員さんの間には、マネジメントの天の川が、流れています。
・経営者と学生や他社の社会人との間には、採用の天の川が、流れています。

そんな、それぞれの天の川に、橋を架ける事をテーマに、
この天の川レポートを、書いていきたいと、思います。

オーナー経営者からすれば、

「その考えは、理解できないよな」とか
「それは、網倉さん。違うんじゃないですか?」とか、
そのようなお声も、あるかもしれません。

でも、私は、サラリーマンとして、一人の人間研究者として、
そのようなお声に、屈する事無く(笑)、
正直に、誠実に、この天の川レポートを、
書き続けて行きたいと思います。

社長の会社にも、優秀な右腕は、いらっしゃると思います。

この天の川レポートは、外注するもう一人の右腕の文章として、
お読みいただければ、嬉しいです。

どうぞ、よろしくお願いします。

それでは、記念すべき、創刊号。
今月のお題は、「社長が、そもそもの話をすれば、天の川に橋が架かる」です。

経営者と経営幹部の天の川|その時代の背景にあるもの

とても、ややこしい時代背景。
サラリーマンの私たちには、実はかなりヤバい時代なのだ。。。

現在は、とても、ややこしい時代に、なっていると思います。

大前提として、私は、私たちサラリーマンが、社会で活躍するためには、
3つの時期を経る事が必要であると、考えています。

それは、つまり、、、

  1. 1. 社会人として、基礎体力を学び実践する時期
  2. 2. 社会人として、数々の武器を獲得し、実践する時期
  3. 3. 社会人として、活躍の場を得て、活躍する時期

私の場合、1は、積水ハウスで、徹底的に、教え込まれました。

  • ・ 長時間労働してもヘコタレナイ、心のタフさ
  • ・ 期日を守る事、言われた事を期日内にやる事の重要性。
  • ・ 仕事をするに当たり、最低限必要な協調性を持つ事。
  • ・ 頼まれ事でも、自ら内発的動機で行う、有意味感。
  • ・ なによりも、真面目に働く、勤勉さ。

などなど、仕事ができる、できない、以前の最も基礎的なものを、
私は、積水ハウスで、教えてもらいました。

この社会人としての基礎体力を叩き込んでくれた、
積水ハウスには、すごく感謝しています。
(今から、もう一度やりますか? と聞かれたら、尻込みしてしまうくらい、かなり嫌ですが。。。笑)

そして、私の場合、2のビジネスの武器も、運良く、
ベースとなるものは、積水ハウス時代までに、
学び、実践する事が出来ました。

積水ハウス時代に、今の状況(お客さんの家を、飛び込み訪問し、猟銃で打たれそうになったり、塩を投げられながらも、契約を取ってくるスタイル)は、絶対に長くは続かない。

他になにか、違うビジネスの武器を持たないと、
私はつぶれてしまう。。。

命の危険を感じることが出来たので、
自然の流れで(私の生命力が開花した!)、思う事ができたので、、、

  • ・ 学生時代に出会った、社会心理学のセールスでの実践
  • ・ ダイレクト・レスポンス・マーケティングとの出会いと実践

を、内発的動機で始める事ができたのだと、思います。

当時、自腹で購入した教材を、貪るように読み尽くし、
テキストが真っ黒になるまで、よみ、テープがすり切れるまで、
学び、実践することが、出来たのだと思います。

この学び、実践が、ベースになり、これが火種になり、
次から次へと、ビジネスの武器を学び実践し、
手に入れる事の重要性と、楽しさを覚えました。

そのあとに、出会う数々の、スキルやセンスの学び、実践は、
この頃の火種となる武器を、学べたことが、
すごく大きいと、思っています。

しかし、今、この時代。

これら、1と2の基礎体力、武器を、サラリーマンに経験させる事が、
伝える事が、難しくなってきたのです。

  • ・ 世の中では、社員教育のやり方を間違えば、ブラック企業と呼ばれます。
  • ・ 経営者が社員のためを思い、セミナーで学ばせようとしても感謝されません。
  • ・ セミナーに出た日の代休を、請求されたりします。

つまり、ともすると、経営者がメンバーのために、
よかれと思ってやることが、社員にとっては、
迷惑と思われるようなこともあり、裏目に出ているのです。

(野球選手を目指している網倉選手に、経験を積ませてあげようと、代打網倉と審判にコールして、嫌がれる監督のように、ありえない事で、迷惑に思われているのです。)

それでも、なんとかしてあげたいと、
知恵をしぼる、オーナー経営者

それでも、オーナー経営者は、
なんとか、したいと知恵を絞ります。

環境が、状況が、メンバーを成長させにくい時代になっている事は、
オーナー経営者も、気がついています。

あるオーナー系コンサルタントなどは、
「もう、社員を教育するのは、辞めにしましょう。」
「これからは、社長とバイト数人で、超効率的な組織を造る時代。」
「必要としてくれるメンバーと、たくさんのお金を稼ぎましょう」

などと、言い始めています。

そんな中でも、なんとか今のメンバーと、
末永く、仲良く、楽しくやっていきたい。

できれば、お世話になっている地元に寇謙之、雇用を作り出したいと、
思い試行錯誤しているのが、現状です。

そして、私たちサラリーマンの多くが、
そのようなオーナー経営者の親心に甘えています。

実は、親でも20代前半で、子どもを、経済的自立をさせます。
子どもは、ある時が来たら、自立する。
そのようにして、世の中は回って行くように、出来ているのです。
自立させようとする親に、文句を言う、子どもはいないのです。
(普通は、ありがとうと、言います。親に感謝するものです。)


しかし、社長と社員の関係は、親と子どもの関係のように、
スマートでは、ありません。

そして、なんとか、自立させようと、
必死で頑張る社長に、社員は、文句を言うのです。。。

少し前までの世の中が、経営者に望んでいる事、
(つまり、メンバーが老人になるまで、世話をするという事)
が、いかに無理難題なことなのか! と私は、考えているのです。

そして、社員は、与えてもらっているチャンス、
つまり、成長する事を先送りし、決して活躍する事もなく、
ただ、月日だけが過ぎている状態なのです。

経営者がぶち切れる時

私たちサラリーマンが、最も恐れている事は何か?
それは、オーナー経営者がぶち切れる事です。

経営者がよかれと思って、やっている事が、
実はメンバーのためにならない。

そんな事が、続いたら、経営者はぶち切れないでしょうか?
私なら、ぶち切れるでしょう。。。

つまり、経営者が、メンバーの間に流れる天の川に、
橋を架ける事をあきらめた時の事を、
私自身は最も、恐れているのです。

オーナー経営者が、ぶち切れたら、大変です。

効率化という大義名分の名の元に、
会社の仕組みを徹底的に変えるからです。

経営者は、長時間労働に対し、
文句を言わず、健気に働いてくれる、
マシーン(機械)を、どんどん導入するでしょう。

経営者の夢や目標に共感し、
安い給料でも、一生懸命働き、感謝してくれる、
今は海外在住の若者に、
どんどんチャンスを与えるでしょう。

今のビジネス界で成功している部分
(効率化の名の元に、ガンガン機械化し、海外の安い労働力を使い、利益を絞り出す。)
が、どんどん小さな会社にも、導入される。

そのように、経営者がぶち切れ、機械化が進み、安い労働力が、
私たちの変わりになったとき、
今の仲間のどのくらいの人が、生き残れるのでしょうか?

そのような世界を、想像してみただけで、恐ろしくなるのです。
私は、仲間の泣く姿を、見たくないのです。。。

多くのサラリーマンは
社長の話の「そもそもの話」を知らない

そもそも、サラリーマンは、

なぜ、社長が、ガミガミ社員さんを、叱るのか?
なぜ、社長が、社員さんに、小言を言うのか?
なぜ、時には、褒めたり、時には叱ったりするのか?

を、知っているのでしょうか?

もちろん、経営者も、スーパーマンではありません。

時には、自らの感情に任せ、イライラしているからと言う理由で、
怒ったり、怒鳴ったりすることも、あると思います。

しかし、多くの経営者は、
(特に、この天の川レポートを行動されている経営者の方は)
そのような理由で、行動する事は、少ないと思います。

なぜなら、そのような行動をしていれば、
とっくに会社は傾き、崩壊の道へと進んでいるからです。

私は、オーナー経営者の「そもそもの話」を、
多くのサラリーマンは、知らないと思います。

「そもそもの話」をすることで、多くのサラリーマンは、変われるし、
実際多くのサラリーマンは、変わってきたというのが、私の持論です。

私たちサラリーマンは、
昭和時代の古い成功法則に、シガミツイテいるだけ

私たちは、社長に叱られると、ふて腐れます。
あの社員と私、どちらが大事なのですか? と社長を試します。

成功すれば、自分の手柄。失敗すれば、社長のせいにします。

なぜ、このような事をするのでしょうか?

なぜなら、そのようにすれば、社長は、心配してくれる、
社長は、話を聞いてくれる。
もっと大事にしてもらえると、無意識に、考えているからです。

つまり、完全に間違った、古い時代の成功法則が、私たちの中にあるからです。

だから、私たちは、そのやり方で、自分自身の親にも、今はもう使わない、古典的な典型的な甘えの手口を使って、社長の注意を向けようとします。

実は、このような成功法則は、もう今の時代には、通用しないのですが、自分が何をやっているのか? 自分がやっている事がどのような事なのか? 
それに気がついているメンバーは、まだまだ少ないのです。

そして、悪循環が、生まれているのです。

ご提案したい解決策

 

本題に入る前に、必ずそもそもの話から、はじめる。

ここからは、私がオーナー経営者の方に、ご提案したい、今回のテーマの解決策になります。

オーナー経営者のやっている事の多くは、一般の人はもちろん、社員にも当然、理解されません。

勉強の量、質、そして背負ったものが違うのですから、サラリーマンに理解できるはずがないのです。そして、理解できないからこそ、オーナー社長の存在意義があるのです。ですから、社長の考えている事、やられている事を、根掘り葉掘り、社員に話す必要はありません。

それは、無駄なことなのです。

「社長がやっている事を、説明してくれないので、理解できないのでできない」という発言をされる、サラリーマンがいますが、そのようなサラリーマンの発言を、気にする必要はありません。無視しておけば良いのです。

(野村監督は、一流は批判する。二流は褒める。三流は無視すると言いました。)

「私が考えている事を説明しても、今の君には理解できないよ」

で、OKだと思います。(本当に、経営者と同じように、立場上、それ以上学び実践している人なら、説明しなくても、オーナー経営者の考えている事を、論理的には、わからなくても、直感的に、理解できるはずなのです)

ただし、「そもそもの話」は、していただきたいと思います。

「そもそもなぜ、そのような事にチャレンジしているのか?」

「なぜ、今この事を、行っているのか?」

「なぜ、叱らねばならないのか?」

つまり、「そもそもの話」行き着くところ、オーナー経営者が言いたい事は、

最終的なところは、一言で言うと、

「今のメンバーと、楽しく、末永く、一緒に仕事をして行きたいから」

と言う事だけだと、思うのです。

社長のやっている事を、いちいち、メンバーに、説明する必要はありません。(言っても、わからないですから。。。)

しかし、この「そもそもの話」は、いつも、していただくと、社長のされている事が、より伝わりやすくなると思います。社長の善意を悪用する人は、少なくなると思います。ぜひ、ご検討いただきたいのです。

 

サラリーマンの最大のリスクは、自身の無能さに気がつきにくいこと。今の状況は永遠ではないことを伝え続ける。

私が、サラリーマンである仲間に、よく聞く事があります。それは、

「現在、そして未来に向けて、ビジネスをしていく上で、あなたの最大のリスクは、何ですか?」という質問です。

99%の仲間が、

「クビになる事です。」「職が無くなる事です」と言います。

しかし、「そもそもの話」ですが、常に、もらっている給料より、多くの付加価値を会社に、もたらしていれば、つまり、正当なお給料をもらっていれば(給料が多くなればなるほど、会社がよくなる。つまり、5WINの状態で、給料をもらっていれば)クビは、絶対にありません。あり得ないのです。。。

つまり、リスクがクビになる事!と言っている彼らは、

「今の仕事では、もらっている給料が多すぎる」

「こんな状態は、いつまでも続かない」

ということを、無意識に理解しているのです。

無意識に理解しているからこそ、そのことを恐怖だと考えているからこそ、不安がつのり、前に進まない人も中には、いると思います。(私の経験からすると、今現在、何をやっても、空回りの人などは、その恐怖を多く感じています)

ですから、彼らに、教えて欲しいごとが、あります。

それは、サラリーマンの最大のリスクは、自分の無能さに気がつきにくい事。

つまり、自分が無能でも会社は、絶対につぶれない事です。

誤解を恐れずに言えば、自分無能で、会社がつぶれてくれるオーナー経営者は、幸せだと思います。なぜなら、会社がつぶれれば、自分の無能さに、気がつく事ができます。気がつければ、人生を、やる直す事が出来るのです。

しかし、サラリーマンが、無能でも、絶対に会社はつぶれません。

そして、社長のような優秀な経営者の元にいればいるほど、自分の無能さとは、関係なく、会社は、回って行くのです。そして、そのことを、私たちは、自分の手柄にしがちなのです。そのようにして、勘違いして行くのです。。。

私たちサラリーマンが、最大のリスクは、自分の無能さに、気がつきにくい事という現実を知り、優秀な経営者の元で、安心な場を与えられながら、無能さに直面する謙虚さを持ちながら、あたらしい事にチャレンジして行く事を続ければ、最大のリスクは、実はクビではないことに、気がつくと思います。

そして、今もっている恐怖感は、次第に薄れて行く、毎日を送れるはずです。

ご検討いただきたいのです。

 

そのやり方は、通用しない。新しい成功法則があることを、確実に教える。。。

ふて腐れても、誰も同情してくれないし、あなたのビジネス力があがる訳ではないことを、きちんと教えると、彼らは理解してくれます。

私とあの人、どちらを選ぶのですか? なんて聞かれても、どちらも大事なのだから、そもそも、そのような困る事を聞かないで欲しいと、伝えれば、彼らは理解してくれます。

そのようなやり方では、あなたも、会社も、仲間も、うまく行かない、つまりそのようなやり方では、通用しない事を、まずは伝えていただく事が、大事なのだと考えています。ぜひ、ご検討いただきたいのです。

網倉にとっての、

このレポートを書く、「そもそもの話」

私には、夢があります。

それは、私のようなことを考えている仲間を増やす事です。

経営者は、孤独であると良く言われますが、(もちろん、私もその意見には、アグリーです。)私もすごく孤独です。同じ職種でカテゴリー化されている、サラリーマンの彼らと意見があう事は、すごく少ないですし、私も孤独を感じています。

しかし、時代背景として、プロフェッショナルな、世の中に、オーナー経営者に必要とされるサラリーマンが、必要な時代になってきているのは、確かだと思います。そのような仲間を、オーナー経営者に力を貸していただきながら、見つけたいと、思っています。そのような仲間を見つけることが、更なる私の成長に、つながると、考えているからです。今月のお話は、ここまでです。

株式会社エル書房 代表取締役

右腕・セカンドオピニオン・プロジェクト
リーダー 網倉博(あみくらひろし)

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です