望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

住宅の営業の仕事がきついと感じた時にチェックしてほしい3つのズレ

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

こんにちは。七軍曹(Amikura)です。

営業の仕事は、素晴らしいものです。
なぜなら、自分の人間性を磨き、さらに進化成長することが必要な仕事だからです。

ただ、人には、いい時も悪い時もあります。
そして、いつも絶好調の人は少ないように思います。
さらに、営業の仕事がうまくいっていない事と、自分自身の価値はあまり関係ありません。

ですが、どうしても、営業は自分の仕事の良し悪しと
自分自身の価値を同じ土俵で考えてしまいがちです。

そこで今回は、営業の仕事で少しでもきついなと感じた時に、
セルフチェックしてほしいことを、3点言語化して見ました。

活用いただければ、嬉しく思います。

きついと感じる理由が年齢によるもの

まず、きついと感じるのが、年齢的なものからセルフチェックしていきましょう。

30代前半の頃のやり方にしがみついている

年齢に関することで、もっとも多いのは、体力的なものです。
今は、働き方改革が進み、朝早くから夜遅くまで、営業をする人は、少なくなってきました。

しかし、今の40代50代が、20代、30代の頃は、
住宅業界というと、バリバリ長時間労働の業界でした。

その当時のやり方が脳の中にこびりついていますので、
このやり方にしがみ付くと、
過去のやり方で、古いやり方で、仕事をしている可能性があります。

ここでは、時間を量ではなく、質に転換していく
今あるビジイネスツールを使う、より効果的に成果を出していくことを
意識して決断する必要性があります。

3年間やり方を変えていない、そして今、きついと感じているとすると
それは、ピンチの入り口にいます。

5年、10年先の自分をイメージしていない

次に、今きついとは考えているけれど、なかなか変われない理由に、
過去にしがみつき、未来をイメージしないことがあります。

過去にしがみ付くのは、先ほども言いましたが、
30代前半のやり方にしがみついていることです。

そして、未来をイメージしない理由は、
営業がどうしても、今月、来月のことばかり、考える時間が多いためです。

週に1時間からでもOKですので、
3年先をイメージしてみる。
5年先をイメージしてみる。
10年先をイメージしてみる。

3年先、5年先、10年先をイメージすると、
もうこのきつい状態は、流石に、これから先、3年も続かないことがわかるので
何かを変える必要性に気がつくことができます。

人は、なかなか外側から(人から言われること)は、変われません。
しかし、人は、内側から(自分の気づき)は、サラッと変わることができます。

未来のイメージをする時間を作る。
大事なことです。

きついと感じる理由が環境によるもの

次に、きついなと感じることに、環境によるものがあります。
営業自身の環境も、30代、40代、50代と、変化していきます

ここでは、ライフの環境の変化、ワークの環境の変化を取り上げます

ライフの環境の変化|働くモチベーションの低下

営業が新築する前後5年くらいは、モチベーションが高いです。
そして、そのころは、ほぼ30代が多い。

結婚して、子どもができて、そろそろ家でも建築しよう。
明確な目的があって、目的があるので目標を自然に作り出すこともできる。

新築をしたい
子どもにために頑張りたい
家族のために頑張りたい
そのような気持ちが、自然とモチベーションになっている場合が、多いのです。

それが、40代になると、子どもが成長します。
特に、子どもが中学生くらいになると、
それまで、家族で過ごす時間が多かった営業さんも、
子どもは部活や友人が優先になります

今まで、自然と出てきた仕事をする目的や目標を
意識して、さらに進化したものに変更していく必要が出てきます。

その進化がスムースにいかない時に、仕事のきつさを感じている営業は
全国にたくさんいます。

ワークの環境の変化|チーム環境の変更

また、きつさを感じるくらいの時にある特徴が、チームの環境の変化です。
営業でも優秀な人ほど、部下ができ、上司からの要求も高くなります。

今までは、自分のことだけを行っていればOKだったのが、
今度は、部下のこと、チームのこと、会社のこと、協力業者さんのこと
つまり、5WINで物事を考えていく必要が出てきます。

その時にやはり、必要になるのは、ビジネススキルです。
営業のスキルだけではなく、
マーケティング
コミュニケーション
コピーライティング
社員教育や社員支援のスキル

このような必要なスキルを学びながら、営業をしていくので
きついと感じることになります。

次のステージにいくサイン

きついなと感じた時は、実は、次のステージに行くサインであることが多いです。

チームや会社は何を自分に求めているのか?

多くの場合、うまくいっている時は、
営業として、何をしていきたいか?
自分はなぜ、うまくいかないのか? と考えてしまいがちです。

ただ、上手くいっていない時に、何をしたいのか?
なぜ上手くいかないのか?
を考えても、その答えは、なかなか出てきません。

また、よくあるパターンは、愚痴が出てしまうことです。
環境が変わって、たくさんの仕事になったら、きついと感じる。
と環境の理由にしたり、

家族がなかなか自分の状況を理解してくれないと、
家族の理由にしてしまいがちです。

そこで、うまくいっていない、きついなと感じる時こそ
チームや会社は、何を自分に求めているのか?
で、考えることを、オススメしています。

自分がではなく、チームや会社が自分に何を求めているのか?
を考えることで、きついと感じる今の自分の視点から、
少し違った視点で、自分自身を見ることができるようになります。

業界は何を自分に求めているのか?

チームや会社が自分に何を求めているのか? を考え、しっくり来る人は、
さらに、業界は自分に何を求めているのか? を考えてみるのも、オススメです。

営業を3年以上やってきて、今きついと感じる人は、
それなりに、成果を出してきた人だと思います。

そのような人こそ、大きな視点で、時には考えてみるのも、
また違った感覚を身につけるには、大事なことです。

ぜひ、試してみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です