望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

住宅の営業はやりたくない!|サラリーマンが営業を嫌いになる理由と誤解

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

こんにちは。七軍曹です。

あなたは、正直営業の仕事について、どう思いますか?
やりたい仕事ですか?
それとも、できれば避けたい仕事ですか?

最近は、
・営業の仕事の本質が分かって来た人が増えて来た事、
・AI時代に向けて、営業の仕事こそ、今後ビジネスマンにとって重要な生き残れる仕事になる事、
・仕事を通じ、自分を成長させたいという人が増えて来た事

もあり、営業職こそやってみたい仕事という方が増えて来ました。

しかし、一方で、
・営業職は、ノルマがあり大変
・営業職は、断られるのが耐えられない
・先輩営業を見て、幸せを感じない

など、悪いイメージを持っている方も多いのも事実です。

今回は、サラリーマンが営業をやりたくない理由と誤解を言語化したいと思います。
営業をやりたくない人は、この記事を最後まで読んでいただくと、

なぜ、営業という職業を嫌いになったのか?
その思い込みはどこから来たのか?
を確認できると思います。

営業は辛いのでやりたくないという思い込みはどこから来るのか?

営業はやりたくない、営業は辛いという人は、大きく分けると二種類のパターンがあります。
1パターンは、営業をやったことない人、
もう1パターンは、営業をやったことのある人です。

先輩が辛そうだったのを見た

営業をやったことがない人で、営業は辛い、やりたくないと思う人のパターンは、
辛そうな先輩たちのイメージや、先輩がやりたくないのを聞いたなどの経験を持っています。

ノルマに、追われてヒーフーハーフー言っている先輩を見ていた
営業会議で叱られている営業を見ていた
などが、それにあたります

先輩が「営業は大変だぞ」と言ったのを聞いた

先輩が言った、「営業は大変だぞ!」という言葉を信じている人も、
営業をやったことがない人に多いです。

営業は大変だぞ!という人は、契約をしている人が多いのですが、
そんな契約をしている人でも、大変と言っている。
だから、本当に大変なのだろうな、自分には出来ないと思い込んでしまうのです。

しかし、営業の仕事は楽しいぞ。ビジネスマンとしての成長に繋がるぞと言わずに、
「営業の仕事は大変だぞ!」というのは、

自分の仕事の価値を高めるために、自分は特別な存在なので、言っている場合がほとんどなのです。

営業をやったことのない人は、そのことに気がつかないことが多いのです。

断られるのが辛い経験をした

一方、営業を行なった経験がある人は、実際に自分自身が営業を行い
断られることにより、辛い思いを経験した場合が多いです。

自分自身、断られて嫌な思いをした
そのような過去の経験が、大きなダメージの記憶につながり、
どんどん大きくなってしまうパターンです

営業に対する悪イメージは古い営業時代の思い込みの場合が多い

では、実際に、営業は辛いのでしょうか? やりたくない職業なのでしょうか?

私は、多くの人が、過去の古い思い込みや、役に立たない信じ込みから
そのように感じている場合が多いと考えています。

例えば、古い思い込みを持っている人は、二つのことに気がついていません。

ビジネスツールが変わった

まず、ビジネスツールが変わりました。
過去に、営業が辛かった人は、

・飛び込み訪問、
・軒並みの電話訪問
・メールでの説得に返事がない
・折衝でのお客様からの断り
このようなことに、辛かったイメージを持っています。

しかし、実際はこのような営業活動は、現在は全く行いません。

営業の定義が変わった

現在、営業に求められていることは、かなり進化しています

住宅営業といった職業は、
住宅アドバイザーに変わり、
現在は、住宅コンサルタントに進化しています

説得をしたり、売り込んだりする必要がない
職業に変わったこと、営業の求められること、営業の定義を知らない方が多いのです。

新しい時代の営業の役割とは何なのか?

では、新しい営業の役割とは、どのようなものなのでしょうか?

住宅コンサルタントとは先生である

住宅コンサルタントとは、先生です。
住まいはもちろん、人生で考えることを避けることができない8つの分野を
総合的に考え、お客様がより良い人生を生きていくお手伝いをする
これが、住宅コンサルタントの仕事です

住宅コンサルタントとはコーチである

また、住宅コンサルタントとは、コーチでもあります。
お客様は行動する時には、時には勇気が必要になります。
勇気を後押しして、一緒になって、課題に取り組んでいく、コーチでもあります。

あなただからこそ出来る!理由

住宅営業から、住宅アドバイザーへ
住宅アドバイザーから、住宅コンサルタントへ、時代は変わりました。

やりたくない時代とは、ビジネスツールが全く異なる

そして、営業が辛い、営業をやりたくない時代とは、全くビジネスで使うツールが変わってきています。
軒並み電話訪問なんてやりません
メールでお客様から返事がないストレスも、今は解消できるツールがあります
初回打ち合わせの緊張感も回避できる道具があります
初回打ち合わせで、毎回、同じことを言うこともないのです

営業とはお客様に満足していただく仕組みを作ること

現在の営業の仕事は、お客様を説得することではありません。
現在の営業の仕事は、お客様に満足していただく仕組みを作ることです。

そのために必要なスキル、
マーケティングを学び、実践することは、本当に楽しいです
脳科学に裏打ちされたコミュニケーションスキルを学び、実践することは更に楽しいです。

お客様のモヤモヤが解消され、
感謝され、ありがとうございますと言われる現在の営業の仕事は、
仕事だけではなく、ライフにもシナジーさせることができるので、
仕事はもちろん、家族とのさらなるより良い関係を作ることにつながります。

最後に。。。

私は、過去に営業が住宅アドバイザーに脱皮するための武器を、お伝えしてきました。
そして今、住宅アドバイザーが、住宅コンサルタントに脱皮する武器をお伝えしています。

良質な住宅コンサルタントを排出することが、
お客様の幸せにつながり、
住まいづくりを通じて、望む人生を手にれる支援になると考えているからです

共に、時代の流れに乗り、新しい価値観を受け入れ、
新しいスキルを学び実践できれば嬉しく思います。

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例を公開

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です