望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

【サラリーマン】約束(パブリックコミットメント)をしてあなたに負荷をかけろ|71

七軍曹
WRITER
 
自分自身に負荷をかける
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

<今日ポイント>
肩書きは、自分で追いかけるもではなく、
普段から、あなた肩書き3つ上肩書きビジネス行い、
オーナーから、会社から、与えられるも

与えられた時は、
あなた自身成長、適度なストレスもとめ、
肩書きを受けてみよう。

こんにちは。

今日は、
「パブリックコミットメントて、あなたに負荷かけろ」
という話ます


全員方に、こ方法やっていただきたい
わけでは、ありません。

「今、仕事が順調に行っている」
あるいは、

あなたが、
「今より、より高いステージに挑戦ていきたい」と、
考えているなら、

余裕がある方なら、
挑戦すること、お勧めたいと思います

て、無理ないでください。

今日、
「パブリックコミットメントて、あなたに負荷かけろ」
ことお伝えするに当たっては、
まずは、私こと、お話たいと思います

興味ある方は、読み進めてください。

私が、オーナーに、
「株式会社インプロビック専務取締役にならないか?」と
言われたが、2005年から、2006年になります

「お前も、これから先は、肩書きが必要になる」
「だから、株式会社インプロビック専務になったら、どうかな」
という、今から思えば、
オーナー親心だっただと、思います

当時、私は、株式会社インプロビック中で、
自分で、仕事つくり、自分で販売するという、

七軍曹事業部、持たせてもらい、
また、会社事業部立ち上げ、
社員に活躍提供する、

そんな、独立採算制で、ビジネスさせていただく
環境にあったで、

また、私自身が、
「会社肩書きで勝負はないビジネスする」
「肩書きで判断する人とは、30代では付き合わない」
「肩書きがなければビジネスが回らないなら、肩書きがあっても仕方がない」

という、考えでビジネス、回ていで、

つまり、
私自身は、サラリーマン経営者とて、既に、
働いているという感覚持っていで、

当初は、オーナーに、

「専務という肩書きがついても、やっている仕事は、今までと同じです」
「また、30代は、肩書きなで自分実力たいで、肩書きはいりません」

というように、丁重にお断りた記憶があります

、経緯は、忘れてまったですが、
結果的には、

専務取締役へ就任
お請けさせていただくことになりまた。

実際に、肩書きお受けてみて、
わかったことは、

「パブリックコミットメントは、人成長させる」
ということです。

実際に行っていることは、
私が、専務になろうと、ならないとても、
そんなに違いはありません。

「私は、肩書きがないから、ここまでか仕事はないです」
などというような、考え方は、

私自身にとっても、とても損だと思うタイプですで、
実際、周りからみると、何が変わったか?
わからないかもれません。

、自分自身気持ち、見えないところでは、
肩書きつけたあとは、

適度なストレスがあり、
客観的に自分自身みる第三者目ができ

自分自身成長にとって、とても役に立ったと思います

同じ結果でも、
肩書きが無かった時は、求められない状況中で
期待値低い中で)
結果ていに対

肩書きもらってからは、結果て当たり前状況中で
期待値が高い中で)
結果ていくことが求められまた。

これは、
初めて大会出場で、
一度、無欲で金メダル取った一流スポーツ選手期待値と

連覇かかった大会出場で、
勝つが当たり前状況中で金メダル取った超一流選手期待値と
比べると、

わかりやすいと思います

あなたが今仕事で成果
て、更なるステージに、自分自身成長させたいなら、
肩書き受けてみること、お勧めます

それでは、お互い、今日も、
気持ちよく、活躍ょう

七軍曹

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です