望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

【社員教育】経営者と社員に橋をかける|新しい時代へ

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

真の5WINというのは、どのようなものなのか?
私が、平オーナーに、どのような言葉を使い提案し、
その提案をどのようにオーナーが活用しているのか?

を、2016年は、実際に、小さな会社の幹部や、
5WIN思考を実践したいと若手に、見せていこうと思っています。

こんにちは。網倉です。

「 社長の知恵袋 右腕・セカンドオピニオン 天の川レポート」
を、お届けします。今年も今月で、終了。あっという間の1年でした。

近況報告

突然であり、時が熟してきたこともあり、
右腕・セカンドオピニオンとしてはじめた、
天の川レポートは、今回が、最終回になります。。。

 

最終回です。。。

 

<不本意な結末、大失敗。。。>

正直に言えば、今回の右腕・セカンドオピニオンとしての、
天の川レポートの廃刊は、私にとって、不本意です。

私の仮説が、見事に、外れたからです。
(申し訳ありません。まだまだ、力不足を、感じています。)

 

なぜなら、私の考えていた理想の状態
(このレポートを読んだ、小さな会社で働く多くの幹部の方や、5WINの思考を実践したいと思う若手メンバーの方が、全国各地で、勝手に結果を出す状態。)
にならなかったからです。

 

私は、次のようなことを、考えていました。

この天の川レポートで、私は、全国に、
たくさんの同志となる、
小さな会社の角さん、助さんを誕生させたいと。。。

幹部の皆さんが、自ら主体的に行動し、
(やらなければならないという動機ではなく、この世知辛い世の中で、自ら主体的に取り組むのが、幹部を張る、最低限のエチケットとして、やっていただけるだろうと。。。)

結果を出していただけると、思っていました。

 

しかし、そのようになり、ご自身が望むような結果を、
勝手に出していただいたのは、2割。
(2割、8割の法則からすると、それでいいのでは? と、言っていただきましたが、それでは来るべき、世の中への準備に、間に合わないのです。)
あまりにも、少ないのです。

 

もっと多くの方に、このレポートを読んでいただき、
5WINを思考し実践し、勝手に結果を出していただきたかったのです。

私は、おせっかいや、恩着せがましいのは、嫌いです。

そもそも、このようなレポート自体も、
本当は、いらない世界が理想と、考えています。
(正直、私なら、このレポートは、いらないのです。このレポートがなくても、5WINを思考し、実践するのです。そんな小さな会社の幹部や5WINを思考し実践する若手メンバーが、シナジーを起こし、小さな会社を、盛り上げるのが、理想なのです。)

しかし、それは、かないませんでした。

そこで、同じやり方で、違う結果を望むのは、狂喜だという、
アインシュタインの教えに従い、
この右腕・セカンドオピニオンとしての天の川レポートは、
今月号で廃刊し、次のステージに、行こうと考えています。

 

<心拍数がMAXの時でも、5WIN思考を実践できるようになる>

2割の方しか、結果が出ていないという話を、しましたが、
もう少し、詳細にお伝えすると、平常時では、
多くの方が、結果を出していただけるように、なりました。

 

集客もたくさんあって、人間関係もよくて、
お客さん(クライアントや患者さん)も優しくて、

絶好調の時は、8割の人が、
それなりに充実した、ライフワークを、
過ごしていただいている現実が、あります。

 

しかし、現実の世界では、いい時だけではありません。

  • お客さんが、いなくなったり、
  • 人間関係で、もめたり、
  • 想定の範囲外のことが、起こったり、
  • 計画通りに、いかなかったり、

 

そのような、私たちの心拍数が上がったり、気が乗らなかったり、ピンチになった時に、
そのような状況の中でも、いい時と同じように、5WIN思考を実践できている人は、少ないのです。
(2割しかいないのです)

 

一喜一憂せず淡々と、今の環境・状況の中で、
今持っているリソースを最大限使って、今できることを、
コツコツできる人が、まだまだ、少ないのです。

 

New 天の川レポートでは、そのような時でも、
リアルタイムで(オンラインで)何かしらの、5WIN思考を実践するヒントを、
得ていただくような場を、設けていきたいと思っています。

 

 

確かに、その理由があるのはわかるのだが、発言や行動が、
5WINになっていないことを、理解すること。

さて、最終回の今回は、私たちが、思考実践してきた、
5WINについて、もう一度考えてみたいと、思います。

 

5WIN思考については、多くのメンバーの方が、
納得して、そのようにライフワークを、
シナジーさせることができれば、素晴らしいと、考えています。

しかし、実際に、どんな場面でも、
思考し実践できている人は、まだまだ、少ないのです。

 

5WIN思考を理解しているつもりで、実際にはできていない人、

つまり、「なんちゃって5WIN実践者」の皆さんに共通する、
よくあるパターンを、以下、ご紹介していきます。

 

幹部の方はもちろん、
将来幹部になりたい若手メンバーの方、営業マンの方など、
各自、年末年始に時間を取り、セルフチェックしていただき、
2016年からのライフワークの実践の参考にしていただければ、嬉しいです。
(私も、セルフチェックする気持ちで、書いていきます。)

仕方がない・正論そうな理由があるように見えるけれど、
実は、5WINではない、勘違い発言&行動、よくあるパターン。。。

 

<新入社員編>

  • 自分で全てを、抱え込んで、フリーズしてしまう。

先輩や上司は忙しそうなので、迷惑をかけるので、相談できない。
また自身も、仕事のやり方を習っていないので、
対処出来ないという理由で、フリーズ(固まっている)してしまう状態。

5WIN思考・実践にするには。。。
問題は、早い段階の対処ほど、楽な事を知る事。
上司や先輩も、ぐちゃぐちゃになってから、相談されるよりは、
早い段階で、時間を使った方が、助かる事を知り、行動する事。

 

  • 上司が声をかけてくれないという理由で、報告相談や連絡を怠る

上司が部下を指導するのが、当たり前と思っていて、
相談や報告ができないのは、私の原因ではないと、無意識でおもっている状態。

5WIN思考・実践にするには。。。
世の中には、部下指導やリーダーシップ理論だけではなく、
フォロワーシップ理論や上司指導という言葉があることを、知る事。

学校と会社の違いを自分なりに理解し、自身の中にある、
甘えの感情に気がつければ、自ら行動するアイデアが湧いてくる。

 

  • 上司や先輩の悪口を、本人の前以外や、社外で、無意識に言ってしまう。

本人の前では、理解し、従っている振りをする事ができるが、
影や社外では、無意識に、その人を、批判している状態。

5WIN思考・実践にするには。。。
人間は、自分に自信がないときに、
影で人の悪口を、無意識に言ってしまう心理パターンを知る事。

自分に自信があれば、影で人の悪口は言わないのだという事を、知る事。
影での悪口が、LOSEであり、マイナスである事を、知る事。
その上で、できれば、自信を持ち、勇気を持って、
本人の前で、第三の道を、提案できる力をつける事。

 

  • 上司が出来ていないことを理由に、自身も挑戦しようとしない。

表面的には、やります。行動していますと、言いながら
(今から、やるつもりでしたという言葉も、使う傾向があります。)、
全く行動しない場合に、このようなパターンが、多い。

5WIN思考・実践にするには。。。

上司ができない事は、上司の課題であり、自身の課題とは、関係ない事を知る事。
また、上司の課題が原因で、自身の課題を放棄する事は、
できない言い訳を言っていると、周りは思っている事を、
知る事。人は、挑戦する動機を見つけられると、
またそれが複数あれば、行動しやすい事を知り、まずは納得する事。

 

  • 言われた仕事に対し、納期が、相手の期待より、遅い。(スピードが遅い。)

言われた事を、しっかりやっているのに、
いつも依頼者が満足をしていないで、自身も、不満に思っている状態

5WIN思考・実践にするには。。。
完璧な仕事というのは、どんなに時間をかけても、
どんなに仕事ができるようになっても、できない事を、知る事。

また、完璧を目指しているのは、
自身が怒られないためや褒められたい気持ちが、
強すぎる事からくる事ではないか?

セルフチェックする事。相手にとっての最大の誠意は、
多くの場合、スピードと豆さであり、そのために、何ができるかを、
考え実践できれば、違うアイデアが浮かんでくる事を、知る事。

1996年〜1997年、1998年。

私にも、新入社員の頃がありました。

懐かしいです。。。

 

<中堅・ベテラン社員編>(特に、入社歴5年、あるいは35歳以上の人)

  • 私と○○さんと、どちらを選ぶのですか? と社長に迫ってしまう。

私は仕事ができると、自身に自信(勘違いである事が多い)を持っているが、
それに比べ、周りから(特に社長や幹部)の評価が低いと、思っている人が、
言う場合がある、よくあるパターン。

5WIN思考・実践にするには。。。長男に、次男とどっちを選ぶのか?
を聞かれても、選べない親のように、
(心の中では、どちらが合う、合わないは、あるかもしれないが。。。)

オーナー経営者も、どちらも選べないだろうという事を、
想像する事ができないほど、仕事ができないという事を、まずは知る事。

正義の行動と非社会的行動を、勘違いしている事を、まずは知る事。

 

  • 家では会社のせいにして、会社では家族のせいにしてしまう。

家族の前では、会社が忙しくて、なかなか家に帰れないと、
会社のせいにし、
会社では、家族サービスをしないと、いけないのですよと、
家族のせいにする状態の事。

今の自分は、ひと昔前の成功したやり方に、
無意識にしがみついているメンバーに、多い。

5WIN思考・実践にするには。。。
自分の仕事ができない責任を、家族に押し付けている事、
家族と上手くいかない原因を、会社に押し付けている事を、まずは知る事。

これからのサラリーマンの世界
(プライベート=カンパニーではない、私たちの世界。プライベート=カンパニーの、オーナー経営者は、例外。)は、

家庭も仕事も上手くいく人と、家庭も仕事も上手く生き難い人がいることを、
知る事。自分が知らない世界があるのではないか?

自分ができない事が、まだまだあるのではないか?
と自身に質問してみる事。うまくやれている、
サラリーマンは、ライフとワークをシナジーさせている事を、知る事。

 

  • ついつい、マイナス、ネガティブな発言をしてしまう。

ついつい、愚痴が出てしまう。
自分では、よくないと、わかっていても、
ついつい、やめられない状態。

5WIN思考・実践にするには。。。
まずは、人に、マイナス、ネガティブな発言をする事が、
LOSE-LOSEである事
(自分もネガティブな自分を強化し、日々、その通りの人になるし、相手に、ネガティブ菌をばらまき、相手の運を悪くしている)を、自覚する事。ただし、ついつい出てしまうものは、
仕方がない面もあるので、出した後、そのことに気がついた時に、相手に詫び
(聞いてくれてありがとうと、感謝するのも、OK)、

リカバリーする事。また、ついつい無意識に、
悪気がなく、出てしまうネガティブワードの3倍くらいのポジティブワードを、
日頃から、意識して、積極的に使い、
ついつい言っても大事なくらい、貯蓄をしておく事。

 

  • 会社が好きではないのに、お金のためだけに、仕方がなく働いている。

会社との関係が、今はもう好きでも、ときめきもしないのに、
なんとなく寂しいから、世間体のために、
仕方がなく付き合っている彼氏(彼女)との関係ように、なっている状態。

5WIN思考・実践にするには。。。
毎月、振り込まれるお金のためだけに、働いているのか?
どうかを、自分自身でセルフチェックする。

そのことは、エチケット不足ではないのか?
をセルフチェックする。

もし、そのような場合は、周りの人が、気がつく前に、できるだけ早く、
会社のいいところを発見し
(人や会社の良いとこ探しができる人は、人間力がある人です。)

お金以外のモチベーションを自ら探し、
人としてエチケット不足の状態から脱する。
(人は、エチケット不足の状態がずっと続くと、心の病気になる可能性があるので、気をつける)

 

  • ○○は、苦手なのでと、挑戦することをしない。

人生50年の時代から、人生80年(90年)の時代になり、
一つの資格や得意なことでは、
生きていけないことに、まだ気がついていない状態。

5WIN思考・実践にするには。。。
まずは、苦手なことを、得意なことでカバーすることができているのか?
現状を、セルフチェックする。

これから未来も、ずっと苦手のままでいるのか?
判断し、決断する。苦手のままと決断した場合は、得意なことを、伸ばし、
苦手なことがあっても、人や社会が必要としてくれるくらい得意にする必要があるのか?
セルフチェックする。

 

  • 頼まれたことに、できるかできないかで回答し、第三の道を示せない。

上司や先輩が、仕事を通じ、成長してもらおうと、
頼みごとをしているが、現状の実力で、できるか、できないかを判断し、
それを報告するだけになっている状態。

5WIN思考・実践にするには。。。
そもそも、上司や先輩は、できないだろうということは、頼んでこないことを、知る。
頼みごとを通じ、成長させようと、考えていることを、知る。
今の自分の実力でできないことも、世の中には、できる人がいることを、理解する。

できないと、報告したくなった時に、
できている人は、どのようなやり方で、やっているのか?
に、興味を持ち、リサーチすることが、次につながることを、思い出す。

 

  • 自分は幹部ではないのでやらない、幹部になればできると思っている。

自分には、本当は実力があるが、なぜ幹部になれないのだと、
心の中で思って不満に思っている状態。

まだ幹部になっていないこと、そのことを、環境や上司のせいにし、
できない自分を守っていることに、気がついていない状態。

5WIN思考・実践にするには。。。
実は、やらないのではなく、できないので(幹部の実力がないので)、
幹部になれていないことを知る。

実力がないのに、幹部にすれば潰してしまうので、
幹部にしていない上司の親心を知る。

○○があれば、××できるという人は、仮に○○があったとしても、
次にはまた、○▼があれば、××できると言い、
結局何もやらない人であるという、世の中の法則に気がつく。

何かを、やる人は、常に何かが足りない状態で、やっていることに、気がつく。
その上で、できることをやり、幹部を目指すか、幹部は目指さないが、
不満や文句は絶対に言わないで、迷惑をかけないことを、決断する。

 

私自身、年間に数回、また心拍数が上がったりすると、
ついつい、悪魔のささやきがしてしまう発言&行動です。
耳の痛い話です。

精進しなければ。。。

 

<住宅営業編>

  • お客さんから値引きを、要求されたので、仕方がないと諦める

自分の提案力がないことや、お客さんをリードした折衝が出来ないことを、
会社ではお客さんのせいにし、お客さんには会社のせいにしていることに、
気がついていない状態。諦めている状態。

5WIN思考・実践にするには。。。
値引きをするか、しないか、という白黒はっきりさせることを、しない。
深呼吸をし、5WINを考えながら、第三の道
(例:お客さんの値引きを、する代わりに、その分、モデルになってもらい、広告に出てもらえないか? 現場見学会で半年かしてもらえないか?)を、見つけ出し、上司に相談する。

 

  • 値段で負けましたと、報告する

「あなたからは、その値段では買いたくないです」
(本当にお客さんが言いたいこと、本質と、お客さんから言われたこと)に、
気がついていない、あるいは、薄々わかってはいるけど、直面できていない状態。

5WIN思考・実践にするには。。。
まずは、お客さんのメッセージの本質に、気がつき、直面する。
悔しさがある場合は、このような悔しさを味合わないように、
セールスステップの見直しを、図る。

 

以下も、書いてみました。

もし、あなたが営業マンの方ならば、考えてみてください。

  • 会社ではお客さんの悪口を言い、お客さんには会社の悪口を言う。
  • 売り上げを上げているが、利益が出ていない。
  • 30代になっても、お客さんからの紹介が上がってこない。
  • 35歳を過ぎても、まだ現場見学会の集客に、依存している。
  • 契約がないのは、集客がないからだと、思っている。
  • 毎月、月初に契約予定が決まっていない。

 

私は、今、営業マンでは、ありませんが、
小さな会社では、サラリーマン幹部の全ては、
会社の商品・サービスの営業マンであるべきだと、
私自身は、思っています。

それが嫌になったときは、それができなくなったときは、
幹部を降りるときだなと、私自身は思っています。。。
(ともに、頑張っていきましょう!)

 

<サラリーマン幹部編>

ここからの幹部編では、1〜4では、
まずは、状態の部分だけ、私の方で書いてみました。

幹部の方は、1〜4のそれぞれの「5WIN思考・実践にするには。。。」
の部分を、ご自身で考えてみてください。

5WINは、唯一正しい答えというのが、ありません。

 

状況により、環境により、色々な5WINの形があると思いますので、
まずは自由に、言語化してみてください。
(いつの日か、それぞれの会社のそれぞれの幹部の方が考える、5WIN思考と実践を、お互いにシェアできる機会が、将来あれば良いなと、思います。)

 

  • 成長しようとせず、今のポジションに、しがみ付いている。

幹部の成長が止まれば、その下で働く、部下のやる気も低下する。
幹部が成長することは、権利ではなく義務であり、
幹部自身が義務を果たさなければ、部下はもちろん、
会社全体に、幹部の存在自体が、悪影響を与えることに、気がついていない状態。

 

  • 部下と一緒になって、オーナーの悪口や愚痴を陰で言っている

幹部の仕事は、オーナーの言うことを、
新入社員の部下でもわかるように、通訳すること、翻訳すること。

そもそも、オーナーの言葉を、すべて新入社員が理解できれば、
幹部という仕事自体が、ないことに、気がついてない状態。

俺は、大変なのだと、言わないと(愚痴を言わないと)、
心の状態を保てないくらい、自分の自信が喪失した状態。

 

  • コンサルタントと一緒になって、オーナーの悪口を陰で言っている。

コンサルタントを、叱り飛ばし、クビにするチャンスに、気がついていない。
無駄なお金を、削減するチャンスを、逸している状態。

 

  • オーナーの前で、修羅場を恐れず、5WINの提案、指摘ができない。

いつも、オーナーと同じ意見
(目的、目標を達成する手段を、自分の考えで言えない)
ならば、幹部はいらない。

オーナーの実現したい目的、目標に対する、
オーナーの実現する手段の仮説と、私たち幹部が考える手段が違うからこそ、
オーナーの見えていない部分の手段を、言える幹部だからこそ、
私たち幹部の仕事は、発生することに、気がついていない状態。
(稀に、会社のために発言するのか? オーナーのために発言するのか? 迷っている幹部もいるが、オーナー経営者は、プライベート=カンパニーなので、仮に、オーナーのために、なっていないと、思っても、会社のためになるという信念があれば、躊躇なく、修羅場を恐れず、発言するべき、それが幹部の仕事と、私は考えている。)

 

以下、5〜11では、このような5WINになっていない状態は、
どのような状態なのか?

また、「5WIN思考・実践にするには。。。」どのようにすれば、良いのか?
考えてみてください。

 

  • 同じ幹部や、部下の足を引っ張ってしまう。無意識に戦ってしまう。
  • 自分の仕事しか、できない。
  • 悪いところを指摘できるが、どのようにしたら良いか?を指摘できない。
  • 自分がやらないと、うまくできない。と思い込む。
  • やる気が出ない、モチベーションが上がらないというのが、口癖。
  • 自社商品・サービスの悪口を、言ってしまう。
  • 社長は、何をやりたいのですか? 会社の方針を、迫ってしまう。

 

結果が重要なのではなく、目標を持たないことが、
退化(老化)につながる。今の自分自身の目標のモデルが見つかれば、
それを目指し、成長することができる

いかがでしたでしょうか?

まだまだ、5WIN、頭ではわかっているけど、
思考できていない人、実践できてない人も、多かったのではないでしょうか?
(何を隠そう、私も、まだまだなのです。私も、セルフチェックします!日々修行の毎日です。笑)

 

それぞれの人が、それぞれの立場で、今できることを、やり続ければ、
もっともっと、働く環境は、私たちの力で、良いものにできるのだと、思います。

 

意識(5%)と無意識(95%)を理解する

意識でトレーニングして、無意識で活躍できることを、目指す

今回は、5WINについて、もう一度、考えてみました。

5WINが難しいところは、
その思考も、実践も、要求される時が、無意識な時だからです。

 

起こった時、喜んだ時、
頭の中が真っ白になった時、心拍数が上がった時、

ボーっとした時、つまり、私たちの日常のほとんどは、
無意識で、その無意識の時に、ついつい出てしまうのです。

 

人は、自分自身、よく意識して、
よく考えて生きているつもりですが、心理学的に言うと、
人は、生きている95%は、無意識で生きているそうです。

悪い習慣や、ついついやらなければ良いと分かっていても、
やってしまうのは、
それは、95%の無意識に生きている時に、出てしまうからです。

 

だからこそ、5%の意識している時に、
5WIN思考を実践することを、徹底的にして欲しいと、思います。

意識している5%の時に、5WIN思考の実践の貯蓄ができれば、
ついついやってしまう、
今回紹介した、ダメダメ思考も、貯蓄がカバーしてくれます。

 

そして、そのようなことを、繰り返しているうちに、
無意識の時にも、だんだん、意識している時にはできる、
5WIN思考と実践ができるように、なります。

 

成長の4段階を、覚えていますか?

  • 無意識で、できない
  • 意識して、できない
  • 意識して、できる
  • 無意識で、できる

 

今回の文章を、読んでいただいたあなたは、
1)無意識でできないは、突破できたと思います。
2)意識してできない時に、自分自身が行う、チャレンジを、褒め称えて
(私たち大人は、もう自分で自分を、褒めるしかないのです)もらえればと、思います。

 

引き続き、ともに頑張っていきましょう。

私も、頑張ります。。。

 

今回の話し、もし良ければ、社長の会社のメンバーにお聞かせください。

(このレポートを、見せていただく事でも、OKです)

 

彼らが、無意識に陥っているパターンに気がつき、
自ら考えるきっかけにしていただけたら、
セルフチェックのきっかけに、していただいたら嬉しいです。

気がついた時が、スタートです。
遅すぎると言う事は、ありません。

 

私たちサラリーマン幹部の成長を、
厳しく見守っていただければと、思います。

今後とも、引き続き、どうぞ、よろしくお願いします。。。

 

株式会社エル書房 代表取締役

右腕・セカンドオピニオン・プロジェクト

リーダー 網倉博(あみくらひろし)

 

追伸

天の川レポートは、内容を一新し、
2016年からは、
「小さな会社の幹部の人たちへ」、
「小さな会社で働く将来幹部を目指す若手の人たちへ」、書いていきたいと思います。
(同じ内容を、オーナー経営者の方にも、シェアします。)

 

内容は、私の実践例、
20代から、今まで、どのような実践をしてきたのか?
また、50代、60代に向けて、サラリーマン幹部として、
どのような準備を、今、しているのか?

について、書いていきますので、参考になり、
実践したくなることも、多いと思います。

なお、ご連絡をいただく際は、これを、お読みの幹部の方、あるいは、5WINを思考実践していきたい若手社員の方が、自らご連絡いただく。つまり、自らの成長のため、主体的に取り組むために、手を上げていただくのがベストです。

(「詳細希望」と送っていただいても、それが購読の申し込み完了や、即天の川レポート読者として合格になるわけではないので、安心してご連絡ください。)

 

オーナー経営者の方へ

おせっかいとは、思いますが、
念のために、書かせていただきます。。。

 

社員の成長は、娘の成長に似ています。

(私にも、中学二年生の娘がいますが。。。)

 

社員の自立(タガメ社員やブラック社員、バブバブ社員ではなく、会社に依存せず、5WIN思考を実践できる、自立したビジネスマンとして、社内起業家になるということ)は、

娘の結婚に似ているのかもしれません。
(これは、まだ、よくわからないです。)

 

早く自立しすぎても、とっても寂しいですし、

遅すぎても不安になるものです。。。

ちょうど良い、塩梅の良いようにはならず、どっちにしても、
心の中だけで、持っておく、不安や不満は、あるのだと思います。

 

ただ、一つ言えるのは、娘の自立は、本人の生き方だけの問題ですが
(心配は、親の勝手なエゴで、誰にも、迷惑はかけません。)、

メンバーがその方法を知らずに、いつまでも自立できないのは、
他のメンバーにも、会社の未来にも、大きく関わってくるのだと思います。

決して、本人だけの問題では、すまないというのが、私の考えです。

 

メンバーが、自立するということは
(会社の中で、社長に依存せず、5WIN思考で実践し、活躍することです)、
寂しくもあり、嬉しくもあります。

しかし、私たちは、
そう言ったオーナー経営者の寂しさと、嬉しさを、理解した上で
(その理解は、エチケットなのです)、
それでも、前に進みたいと、思っています。

 

彼らが、ビジネスマンとして、5WIN思考を実践し、
結果を出したいというときは、ぜひ、応援してあげてください。

私たちは、オーナーの嬉しさと寂しさを理解しながら、
それでも前に進みます。

それでは、次のプロジェクト開始の時まで、
しばらくの間、さようなら。。。

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です