望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

【社員教育】失敗やネガティブこそが宝の山|「YES BOSS!」のみが私たちを進化させる

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

安全に守られている状態でこそ、自ら、常に、崖っぷち状態を作り出せ。

こんにちは。網倉です。

今月も、「 社長の知恵袋 右腕・セカンドオピニオン 天の川レポート」を、
お届けします。

今月の天の川レポートも、社長が外注するもう一人の右腕の考えとして、
お読みいただければ、嬉しいです。

いつものように、質問はお気軽に。。。
どうぞ、よろしくお願いします。

 

前回6月号では、
幹部の方への新しい提案をさせていただきました。

 

新しい提案とは、何だったか?

それは、社長がメンバーをセミナーに行かせる前に、
まずは幹部の方が、メンバーにして欲しい事が、
3つあると言う提案でした。

なぜ、そのような事を、提案させていただいたのでしょうか?

その提案の動機は、社長がどんなに、
メンバーの成長を願い、私たちに投資をしようとしても、
その前に、幹部の方がそれを受け取る準備が出来ていなければ、
お金をドブに捨てると、考えたからです。

 

そして、私の提案に対し、たくさんの幹部の方から、お返事をいただきました。

 

ありがとうございます。嬉しかったです。

「まだ、心構えが、全く出来ていないです。」

「そのような考えは、今まで、考えた事さえなかったです。」

「セミナーに行く事は、仕事の一部だと、思っていました。」

「こんな自分が、幹部でいることが、恥ずかしくなりました。」

「まずは、私自らが、メンバーに出来る事を、やってみます」

 

人は、弱い生き物です。

自分の間違いや、弱さを、
普通は、なかなか認める事が、できません。

なかなか認める事が出来ないので、
人は、いつも同じ事で悩み、同じ失敗を繰り返して生きています。

でも、今回、感想をいただいた幹部の方のように、
自分の弱さや狡さ、そして私たちの成長を阻害する間違った考え方に、
直面できる人は、きっと未来は明るいのだと思います。

 

私も弱い人間です。

ですから、日々、意識していないと、
無意識になると、楽な方、楽な方に、引っ張られてしまいます。

 

プライベート=カンパニーではない、
私たちが、このような「釣り堀状態」の中で、それでも、
成長し続け、豊かで楽しい人生を送るためには、

まずは、自分自身の問題に、
自ら気がつく事が大事なのだと、思います。

 

そして、自分自身の問題に、直面できた時点で、
自分自身の問題を発見できた時点で、
その問題は、半分は解決していると、私は思います。

 

多くの人は、自分自身の問題に、
直面する事から逃げていますので、
その問題を、しっかりと、眼をあけて見る事が出来るだけで、
ビジネス的にも、大きなアドバンテージだと思います。
(こんな事でアドバンテージになるのですから、サラリーマンとは、本当に、楽な世界です。楽と言うか、勘違いしやすい環境に、あるのです。。。)

 

そして、その問題を課題にできれば、
課題に意識して取り組む事ができれば、
70%は、その問題は解決していると思うのです。

幹部の方には、ぜひ、今後も引き続き、
お互い課題に取り組んで行きましょうと、お伝えください。

 

さて、今回の7月号では、いよいよ、オーナー社長の投資が、
メンバーの成長に直結するような、オーナー社長の投資を、
幹部の成長に直結させる7つの方法の続きを、書くつもりでした。

 

しかし、私が、想像する以上に、前半3つを実践していただいている、
幹部の方が多い事、そして、その結果が出始めてから、
後半を公開した方が、タイムリーなため、
今月号は、急遽違うトピックで、書いてみました。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

メンバーの悩みで多くの会社で共通するものとは?

私の元には、全国のさまざまなメンバーの方から、
日々、いろいろな質問が届きます。
年齢は、20代〜50代くらいまで。性別は、男女を問いません。

 

その質問に、ひとつひとつ、お答えしていると、
ある共通点がある事に、気がつきます。
ビジネスのスキルとは、別のところで、多くのメンバーさんが、
日々悩んでいる「ある事」に、気がつきます。

 

社内的には、仕事が出来る人でも、この「ある事」では、
多くの人が、悩んでいます。

むしろ、仕事が出来る人ほど、真面目に5WINの事を考えている人ほど、
この「ある事」で、悩んでいる場合が多いのかもしれないと、
最近は分析しています。

 

そのある事とは、何か?

「オーナー社長の要望(無理難題の場合が多い)に、応えられない」と言う事です。
オーナー社長の要望が、難しすぎて(ぶっ飛んでいて)、
なかなか応えられなくて、悩んでいると言うものです。

 

そこで、今回のお題は、
「社長の無理難題に、応えたくても、なかなか応えられない人への処方箋」
ということで、お伝えして行きます。

 

このレポートを読んで、次回社長から、
無理難題が舞い降りて来た時に、少しでも実践してみようと、
思ってくだされば、嬉しいです。
また、少しでも実践すれば、今までは、苦痛だった社長の無理難題に、
笑顔で、YES BOSS ! と言えるようになります。
そして、今よりもっと、仕事が楽しくなるはずです。

 

小さな会社で、日々仕事をする私たちは、
社長の無理難題こそが、この事のみが、私たちを成長させる唯一の刺激であり、
ストレスであると、本気で考えています。

 

オーナー社長に、お願いが有ります。

オーナー社長は、ぜひ、引き続き、無理難題を、
メンバーの方に言い続けていただきたいです。

そして、もし、社長のそばに、社長の無理難題に悩まれている幹部の方、
メンバーの方がいましたら、
今回のレポートを読んでいただく機会を、提供いただければと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

これに気がつきさえすれば、必ず成長する。多くのメンバーが、無意識に陥る3つの悪習慣

 

今月のお題

「社長の無理難題に、応えたくても、なかなか応えられない人への処方箋」

に進む前に、お伝えしたい事があります。

 

実は、この処方箋が必要な方は、社長の会社でも、
かなり優秀な方だと、思います。
なぜなら、日々学び、実践を繰り返しているオーナー社長の無理難題に、
応えようとしている事自体、私は、その人が、すごく優秀であると、考えるからです。

 

普通、多くのサラリーマンは、そもそも社長の無理難題に、
応えようともしません。
苦笑 その場では、ハイハイ! と聞いておきながら、
そのままの状態に、放置します。

そんな事は、出来るはずもないと、
ビジネス力がない事を棚に上げ、環境のせいや人のせいにします。

 

ちなみに、このような人がいた場合でも、
小さな会社のオーナー社長は、人を変えようとしません。
(大企業であれば、鬱病になる位、行動するまで、指導と言う名のシゴキをしてくれる、サラリーマン上司がいますが、、、)

 

人を変えようとしないオーナー社長の性質。

恐ろしい事です。汗

 

もし、私たちが、そもそもオーナー社長の無理難題に応える気もない
(社長の無理難題を刺激にし、自ら汗をかく気がない)、
メンバーであるならば、注意しなければなりません。

 

オーナー社長は、人を変えようとせず、自分が変わる事で、
その人が変わらなくても、回るように、どんどん変えて行きます。

このようにして、私たちの仕事は、機械(マシーン)や、優秀な若者に、
どんどん奪われている現実を、認識し、
将来後悔しないように、しなければなりません。

 

もし、そもそも、オーナー社長の無理難題に、応える気がない人は、
以下のことに、注意してみてください。
自分自信が無意識にしてしまっている悪習慣に、まずは、気がつく事が大事です。

 

1.会社では、家族のせいと言い、家では会社のせいにする。

多くのメンバーは、無意識に、会社では、家族のせいにして、
家では、会社のせいにする傾向があります。

 

つまり、会社では、嫁が家のことをやれとうるさいので、
子どもと遊ばないと行けないので、早く帰らなければなりませんと言うのです。
(そもそも、仕事を早くきちんとやって、さっさと帰る事は、自分自身でコントロールできる事です。その実力不足を棚に上げて、家族のせいにするのです。)

そして、家では、会社で忙しいので、なかなか家に帰れないと言うのです。
(そもそも、会社は、仕事で成果を出して、早く家に帰って欲しいはずです。このように、会社のせいにする人ほど、昼間はダラダラ仕事をしていることに、気がついていません。)

 

この発言、行動は、もちろん5WINにはならないのです。
(5LOSEですね)

まず、無意識でやってしまっているこの思考を辞めるだけで、
成長のきっかけをつかむ事ができます。

 

2.部下には、上司を悪く言い、上司には部下を悪く言う

多くのメンバーは、無意識に、
上司には、部下のせいにして、部下には、上司のせいにする傾向があります。

 

つまり、部下には、上司が言っているので
(社長が言っているので)仕方がなく、
指導しています(叱っています)と言うのです。
(そもそも、上司より、うまく叱ってくれなければ、伝言ゲームになるだけで、中間管理職なんて、いらないのです。上司とすれば、せっかく仕事をつくっているのに、文句を言われる筋合いはないのです。邪魔なのです。)

 

そして、上司には、部下がダメなので、成果があがらないと言います。
(まあ、そのように言いたくなる、気持ちは、私もわかります。でも、指導の仕方の悪さを、嘆くのではなく、それを言ってしまったら、そもそも、あなたの存在はいらないねということに、なってしまう事に、私たちは、気がつかなければなりません。。。)

 

この発言、行動も、もちろん5WINにはならないのです。
(5LOSEですね)

まず、無意識でやってしまっているこの思考を辞めるだけで、
成長のきっかけをつかむ事ができます。

 

3.お客さんには、会社を悪く言い、会社にはお客さんを悪く言う

多くのメンバーは、無意識に、お客さんには、会社のせいにして、
会社には、お客さんのせいにする傾向があります。

 

つまり、お客さんには、会社では値引きを禁じられているので、
私は、値引きをしたいのですが、できないですなどと、言ってしまいます。
(そもそも、そのような、仕事のできない典型的な発言をするので、お客さんから、値引きを要求されているのですが、そのことに、気がつかずに、自分で商品も造れず、会社の商品を売らせてもらっているのも忘れて、会社のせいにしてしまうのです。)

また、会社には、お客さんに金額が高いと断られました、
あのお客さんは、お金だけで判断する人ですなどと、お客さんのせいにするのです。
(あなたからは、その金額で買いたくないのですと、直接的に言って、あなたを傷つけないようにしてくれた、お客さんの気持ちに気がつかず、お客さんの表面的な言葉だけを、あたかもお客さんが悪いように、伝えてしまうのです。)

 

この発言、行動は、もちろん5WINにはならないのです。
(5LOSEですね)

まず、無意識でやってしまっているこの思考を辞めるだけで、
成長のきっかけをつかむ事ができます。

・人は自分を守ろうとする時、どうしても、他の人を批判してしまうものです。
・人は、他の人を批判する事で、最後の防衛をしようとします。

・人は、自分の心の葛藤に直面するより、他人ことを、悪く言うものです。

もし、私たちが、まだまだ自分自身の未熟さから、
オーナー社長の無理難題を、受け付ける事ができない、
受け入れる事ができないのであれば、この3つの悪習慣を辞めるだけでも、
このような、人がそもそも持っている弱さから、離れる事ができ、

日々自分自身を、崖っぷち状態に追い込む事ができますので、
ぜひぜひ、今すぐ意識的に辞める事をお勧めしたい、3つの悪習慣です。

私も、日々、意識して戦ってます。お互い、戦って行きましょう。そして、私たちの、成長のきっかけを、つかんで行きましょう。

 

これを実践すれば、必ず結果は出る多くのメンバーに、実践して欲しい、3つのポイント

 

お待たせしました。それでは、今月のお題

「社長の無理難題に、応えたくても、なかなか応えられない人への処方箋」

をお伝えして行きます。

 

オーナー社長の無理難題を刺激にし、
第三の道を作り出すプロセスで、日々、成長したいと考えている幹部の方、
ビジネスマンの方に、ぜひ、お伝えしたい内容です。

 

笑顔で、さわやかに、YES BOSS ! と言い、
ビジネスで結果を出すための極意を、お伝えしていきます。

 

 

1. オーナー社長の言葉や行動に惑わされない。その本質(動機)をとらえる。

まず、大事なことは、オーナー社長の言葉や行動を、
そのまま、鵜呑みにしない事です。
私たち、サラリーマンは、その中でも、仕事が出来る人や、真面目なひと程、
オーナー社長の言葉や行動を真に受け、そのまま実現しようとします。
(先ほども言いましたが、仕事ができない人や、不真面目な人は、そもそも、この無理難題を無視する傾向があります)

 

しかし、オーナー社長の出したアイデアや方策を、
言葉のままで理解しようとすると、なかなか前に進まないです。
そして、悩んでフリーズしてしまいます。

 

では、言葉や行動ではなく、何を見たら良いのでしょうか?

私は、言葉や行動ではなく、オーナー社長が、その言葉を使った動機、
その行動をした動機を、みるようにすることを、提案しています。

 

具体的には、あとの実例で触れる事にします。

 

2. 動機をとらえた上で、YES BOSS ! と言い、解決策を考え続ける

 

動機を考えると、少し気持ちが楽になります。

なぜなら、動機が分かると、その言葉を、
実現する方法は、いくつも有る事に気がつくからです。

 

そして、この気持ちが楽になった段階で、
とりあえず、YES BOSS ! と言う事が重要です。
なぜなら、人の脳は、出来ると肯定的な言葉を、聞かないと、
その後、さまざまな手段となるアイデアが出てこないからです。

 

多くの場合、人は、何かの目的を達成したくて、
その手段となる言葉を、言うのです。
YES BOSS ! と肯定的な言葉を、使う事で、どのようにしたら出来るだろうか?という、
魔法の質問を、自分自身にしやすくなり、その解決方法である手段を発見しやすくなるのです。

 

例えば、誰かが、「うなぎが食べたい」と言ったとします。
言葉だけを、とらえると、うなぎを用意しなければなりません。

 

しかし、動機を考えると、いろいろな状況があります

  • お腹が減っているので、何か食べたいのであれば、今は別の食べ物でも良いかもしれないです
  • 栄養のある精がつくものを、たべたいのであれば、今日は肉でも良いかもしれないです

なぜ、そのような事を、言っているのか?

動機に、フォーカスすれば、オーナー社長の言った言葉を、
実現する方法は、他にもたくさんある可能性は、高いのです。

 

逆に、言葉をそのまま受け入れようとしたり、
NO BOSS ! と言ったりすると、それは、無理難題に聞こえてしまったり、
さまざまなアイデアに出会う扉がしまってしまう場合が、多いのです。

それは、本当に、もったいない事です。

 

3.Aでもなく、Bでもなく、第三の道(5WINの道)を、造りだす。

 

オーナー社長の言葉や行動の動機が分かれば、その言葉や行動の解決策は、
複数あることに、気がつきます。
ですから、社長の言葉や、行動を、やるかやらないかで、
判断する、つまり、Aをするか、しないか? での選択をすることは、なくなります。
(AかBで判断せざるを得ない事もなくなります)

そして、5WINになるような、第三の道を、
考えようと言う段階に入ります。

もちろん、ここでは、ビジネス力が必要になってくるかもしれません。

社長が納得するような、第三の道を導きだすのは、
学び実践を繰り返さなければならないかもしれません。

 

すぐに、解決策が出てこない場合もありますし、
納得してもらう第三の道を導きだすためには、
経験値(過去の失敗の経験や成功の経験)が必要になってくる場合も、あると思います。

 

しかし、私たちサラリーマンが、日々ビジネスを通じ、
成長しようと思った時、このような思考で仕事をすることが、必要だと思います。

 

YES BOSS! の本当の意味とは?社長の無理難題を刺激にした方法。。。

 

今回は、私の実践例を、紹介します。

今、私が、社員として働いている、インプロビックでは、
不動産事業部が立ち上がろうとしています。

メールで確認すると、実際に不動産事業部が立ち上がったのは、
わずか3日くらいの計算になります。

 

全ての刺激は、オーナー社長の

「京都で、旅館業をやりたいから、マンション契約して」

という、無理難題(刺激)からはじまりました。

 

確かに、インプロビックには、京都支店があり(西川支店長)、
事務所も、京都に詳しい人間も、いましたが、すぐに旅館業をやると言っても、
なかなか容易に話しを進めるのは、難しいかもしれません。

 

ただ、私は、とりあえず、

「YES BOSS !」と言っておきました。

同時に、私は、オーナー社長のその言葉を発する、
動機の確認をはじめました。

何回か、やり取りをしていると、京都と言う言葉と、
旅館と言う言葉は、それ自体が今すぐの目的ではなく、
あくまで手段であることが、分かりました。

 

そして、2週間後には、

「田舎で、新築を建てて、貸したい。2200万、くらいで」
という、次の無理難題(刺激)が、来ました。

 

このあたりから、京都、旅館、田舎、新築、賃貸というのは、
あくまで手段で、何かしら、不動産に関する事で新規事業を、
立ち上げたいという動機が、あることが、私には見えてきました。

 

そんなときに、松下さん(アトラスホーム社長)から、
グループ会社のエルハウスの営業さんに、超希少性のある、
格安の土地情報(長野県松本市のもの)の紹介が有り、
私もシェアいただきました。

 

そこから、まずは、不動産事業部を開設するとしたら、
インプロのTOPとなる、私と、松下さんが住んでいる、
賃貸の状況のよくわかる、失敗のリスクがすくない、

松本市で、賃貸か、売却かの可能性を残した、事業を進めると言う、
第三の道を、提案する形になり、なんと、3日で、この物件で進めて行く事で、決まりました。
(2015年7月30日現在)

 

社長の無理難題を刺激にし、第三の道をつくる。

これを、幹部の方ができるようになると、会社の器が大きくなります。

 

なぜ、このように出来たのか?

もちろん、いろいろな好条件が重なり、
今回も、たまたまうまく行ったのかもしれません。
(サイグラム、秀鬼流コンサル、エル書房などなど、今ある、会社の仕組みや、新規事業は、多くの場合、このように生まれます)

 

しかし、

1.社長の言葉や行動ではなく、その裏にある動機を、注目しリサーチする
2.必ず、YESS BOSS ! (無理難題を受け入れる。刺激にする)と言う。
3.社長の刺激から、第三の道を作り出す
という、幹部の方が日々意識し、実践していただきたい、この基本の3つのポイントを、このようなことを、いつも意識しているので、今回も、第三の道が、降って来たのだと、思います。

 

※大丈夫、サラリーマンでいる限り、実際に崖から落ちて死ぬ事は、絶対にない。サラリーマンの最大のリスクは、自分の無能さに気がつかない事。。。

 

 

オーナー社長の指示は、時に無理難題に見えます。

しかし、その無理難題こそ、チャンスであり、その無理難題を刺激にし、
第三の道を作り出す過程で、私たちは、成長するのです。

 

今月のお話は、ここまでです。

今回の話しも、社長のためというより、
80%は同じ立場のサラリーマンのために、書かせていただきました。
彼らが、毎回、毎回、同じパターンで、後悔するのが、私は嫌なのです。

 

今回の話し、もし良ければ、社長の会社の幹部にお聞かせください。

(このレポートを、幹部に見せていただく事でも、OKです)

彼らが、無意識に陥っているパターンに気がつき、
自ら考えるきっかけにしていただけたら、セルフチェックのきっかけに、
していただいたら嬉しいです。

気がついた時が、スタートです。
遅すぎると言う事は、ありません。

 

私たちサラリーマン幹部の成長を、厳しく見守っていただければと、思います。
今後とも、引き続き、どうぞ、よろしくお願いします。。。

株式会社エル書房 代表取締役
右腕・セカンドオピニオン・プロジェクト
リーダー 網倉博(あみくらひろし)

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です