望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

【サラリーマン】社長の発言に誤解するパターン

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

こんにちは。
株式会社インプロビック、専務取締役、
ERIC AMIKURAです。

「社長と上手くやっていく方法はありますか」
「社員と上手くやっていく方法はありますか」

いつも、いただく質問です

社長と社員の間には、大きな天の川が流れています
それは、給料を払う側と、給料をもらう側という、
大きな、大きな、天の川です。

まずは、その点を理解し合わないと、
お互いがわかりあうことは、難しいことかもしれません。

そして、とても残念なことは、
社員が、社長はこのように思っているだろうと、空想していることと、社長が実際に考えていることが、違うこと
これが、原因でなかなかわかりあえないということが、あるのです。

たとえば、私は、サラリーマンの多くの方に、
社長に意見や提案を、言うことは、ありますか?
と質問することが、あります。

多くの社員の方は、

意見なんて、絶対にしません。もしすれば、給料を減らされるかもしれないし、面倒くさい事になるので、それに、社長も私なんかの意見を求めていないのです」と答える方が、多いです。

しかし、実際に社長に、
どのような社員を信用しますか? 望みますか?」と質問すると、

優秀な社長さんほど、
自分と違う考え方を、会社のために、建設的な意見として言ってくれる社員

という答えが返ってきます。

つまり、優秀な社長とすると、
会社のために、お客さんのために、建設的な意見であれば、
たとえ社長の意見と違う意見だとしても、

違う意見だからこそ、その見えない部分を見せて欲しいと、
考えている場合が、多いのです。

ですから、もし、あなたがサラリーマンであり、
社長、上司に意見が言えないで、

「本当は、自分の意見は違うのに、いやいや従っている、社長に何を行っても無駄だ・・・」
と考えているのであれば、

それは、社長に言っても無駄なのではなく、
社長に対し、建設的な、会社のためになり、チームのためになり、クライアントのためになり、あなた自身のためになるような、提案、進言ができていない、

ただそれだけなのです。
だから・・・

「社長には何を言っても無駄」
なんて、そのようなことを、言っている暇はありません。

今すぐ、よりよい方向性にいくような、
みながWIN-WIN-WIN-WINになるような、
提案、進言を、しようと考え始めてください。

24時間365日考えていれば、次第に短期間で出てくるようになります

あなたが、本当に成長したいならば、
あなたに余裕があって、取り組めるならば、ぜひお勧めしたいと思います

それでは、今日も、バリバリ仕事をして、
オーナーを、儲けさせてあげましょう。
お互い頑張りましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です