望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

【サラリーマン】社長のやりなさいの意味とは?

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

こんにちは。
株式会社インプロビック、専務取締役、
ERIC AMIKURAです。

世の中、多くの場合、仕事を一人で、完結することは、できない。
必ず、誰かの力をかり、大きなビジネスであれば、
なおさら、複数のメンバーで仕事をしている
と思います。

そして、チームで仕事をする際には、
必ず、誰かの指示を受けます。

つまり、あなたにも、指示を受ける社長や、
上司がいると思うのです。

もし、あなたが社長ならば、
あなたは、「市場」や「顧客」や「状況」に耳を傾けながら、
日々決断を繰り返されているかも、知れません。

発展途上のサラリーマンの方と話していると、

社長(上司)が良いと言ったから、やったのに、後から怒られた・・・
朝は、いいよ。と言われたのに、夕方になったら、駄目だと言われた・・・

という愚痴を、良く聞く場合が多いのです。

経営者マインドを持った、
優秀なビジネスマンか? そうでないか?

を、見るには、ある一点を見ればいいと、
私は考えています。 何か?

それは、優秀なビジネスマンは、
入口も、出口も社長(上司)の「YES」を引き出すことができるが、

発展途上の人は、入口では、「YES」を引き出せるが、
出口では「
NO」としか言ってもらえないと、言う点です

後者の場合、多くが、仕事はやっているが、
仕事が完結しない、
売上が上がらない、
利益にならない、
形にならない。
という特徴
を持っています。

彼らにある、共通点は、
「社長が良いと言ったから、やったのに・・・」という、
考え方をしていることなのです。

この考え方から、抜け出せないと、なかなか独り立ちし、
結果を残し続けることは、できません。

つまり、一人立ちし、自分自身のちからで、
生き抜くためには、社長の「YES」を、「社長が良いと言ったから・・・」ではなく、
違う解釈をしなければ、ならないのです。

つまり、社長の「YES」とは、次の意味なんです。
実は・・・

社長(上司)の「YES」=「いいよ。そうすることで、お客さんも満足して、あなたも、成長して、会社も儲かって、チームメンバーにも付加価値がつくようなら、やってみなさい

社長が、「いいよ。やれ」と言ったからと言っても、実は、責任は、私たち自身にあるのである

本当の責任は、取りたくても、取れません。会社がつぶれた時、非難の全てを受けるのは、社長です。決して社員は、非難をあびません。だから、責任を取る、そのくらいの気持ちで、やらないと、話にならないのです

そして、お客さん、自分自身、会社、チームメンバーの4者が、
WINになることを、常に考え、

その心意気で、企画し、リスクヘッジし、
誰よりも考え抜き、行動すれば、

必ず入口で「YES」と言われたことは、
出口でも「YES」と言われます。

心していこう。
それでは、今日も、バリバリ仕事をして、オーナーを、
儲けさせてあげましょう。
お互い頑張りましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です