望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

【工務店経営】社員の収入アップが逆効果になるパターン

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

こんにちは。七軍曹(Amikura)です。

社長の会社は、社員さんの収入は、どのように決められていますか?

年齢によってとか
入社年数に応じてとか
役職に応じてとか
職種に応じてとか
その全ての複合とか

色々なパターンがあると思います。

「メンバーの給料をあげると、途端に調子が悪くなるんですよね」
「良かれと思って収入アップしているのですが、その後失速して退社」
「このパターン1回や2回じゃないんですよ。なんでですかね?」

先日も、ある経営者の方からご相談を受けました。

実は、これ。
典型的な、経営者とメンバーの間に流れる天の川のあるあるなのですが、
脳の構造が経営者とメンバーでは、違うので、
多くの経営者が気が付いていないものなのです。

そこで今回は、工務店経営でも肝になる、
社員の収入アップが逆効果になるパターンを言語化していきたいと思います。

特に、年代別でのメンバーの気持ちや心理パターンが
お伝え出来れば良いと思います

収入アップが良い結果をもたらす20代、30代

まず、収入アップが良い結果をもたらすは、20代、30代です。

20代、30代は、働く目的が容易に浮かびやすいのです。
・住宅会社で働いているので、自分も住宅を新築したい
・結婚して、家族のために頑張りたい
・子どもと遊ぶために、成果を出して早く帰りたい
・早く一人前になって、自由に仕事をバリバリやりたい

働く目的があり、目標が明確なので、
無駄なことを考えている(ブレーキを踏んでいる)暇がありません。

ですから、
営業さんであれば、成果を出した時に、
設計さんや監督さんであれば、物件をこなしたと時に、
収入アップのタイミングでOKと思います。

メンバーに、働く目的があり、目標を立てて日々仕事をするのであれば、
収入アップが良い状況にもたらすと思います

経営者の中には、20代、30代のメンバーに道徳観や働くミッションを
過度に求められる経営者の方もいますが、

また、時間を量ではなく質で働いた時に
(例えば、会社の中でよりよく行くための仕組みを作った時など)
収入アップを考える経営者の方がいるのも、事実ですが、

私は個人的には、20代、30代は、うまくいっているのであれば、
行けるところまでは、仮に自分のことしか考えていない
(このような中、成果を出すのは難しい時代なので、現実的には少ないのですが)

個人のエゴで突き進んでもOKと考えています。

40代、50代で働く目的が収入アップの多く社員は伸びない

20代、30代は、働く目的やそのための目標が明確化しやすいのですが、
40代になると状況が変わってきます。

もっと正確に言うと、
新築してから5年後から
あるいは、上の子どもが中学生になる頃から
(あるいは下の子どもが中学生になる頃)

働く目的や目標を明確にしないと、多くのメンバーさんは、
働く意義を見出せない状況になっていきます。

新築してから5年ぐらい経つと新築時の感動は忘れて
多くの人は、支払っている住宅ローンに目がいくようになりますし

子どもが中学生に入ると、親子中心だった家族の状況が
夫婦中心になってくる家族も増えてきます、

もちろん、このような状況になっても、
働かないと生活できないとか、仕事をしないとまずいとか
そのような働く目的はあります。

しかし、それらは、問題を回避する動機の目的や目標で、
成果に向けて前向きにパワーが出てくるような、目的や目標ではありません。

40代は確かにお金のかかる時期しかし、、、

確かに、40代は、まだまだお金を稼ぐ理由がある時期です。

しかし、大企業の多くが40代前半で、
リストラ(早期希望退職を募っている)を行なっている現状を見ると

そのお金を稼ぐ理由に対し、目的を達成するための理由ではなく

例えば、
稼がないと生活できないとか
家族のために、お金を稼がなければならないとか
問題を回避する理由で、あるいは義務感で、理由を作って働いている可能性が高いです。

50代で活躍している社員は収入を気にしていない

一方、50代で活躍しているメンバーは、収入アップを目的にしていません。

収入アップは、あくまで結果で、副産物で、
自分自身の内側にある、内的要因で仕事をしています。

あくまで、収入のアップは外的要因であり、
内的要因で仕事に集中し頑張った結果(副産物)であり、
それ自体が目的や目標ではない方がうまく行くことに気がついているのです。

外から与えられる、外的要因の動機は、
即効性があり、ガソリンのように燃え上がりますが
長くは続かずに、波があります。

自分の内から湧き上がる、内的要因の動機は、
即効性はないですが、炭のようにジワジワとコツコツと燃えていき
長く安定した強い火力として使えます

働く動機をどのタイミングで外的要因から内的要因にしていくのか?

心技体と言う言葉があります。

技術や体力は、一度積み上げたものは、なかなか崩れることはありませんが、
心(メンタル)は、日々コツコツ積み上げたものが、一瞬で崩れ去る

有名なオリンピックメダリストの講演会で聞いた言葉です。
本当に、その通りだと思います。

まずは、本当に必要なのは、給料のアップではなく、
働く動機を、問題回避から、目的志向にする支援をすること。

そして、うまくいっていないパターンから抜け出す支援をすること

特に、40代で、新築した後5年以上が経っていて、
子どもが既に、中学生に上がっている男性メンバーは、
気をつけていく必要があります。

最後に

決めていることがあります。

うまくいっている事は、そのままずっと継続して行う
うまくいった事は、もう一回やってみる
うまくいかない時は、なんでも良いので、やり方を変えてみる

です。

もし、うまくいっていないなら、今回のようなことを頭に入れて
試してみるのも、良いのではないか? と思います。

心技体の心(メンタル)を日々トレーニングしている
無料の会員制グループに、七トレがあります。

もし、希望される方がいましたら、
自己紹介とともに、お声がけください。

ともに、望む人生を手に入れながら、成果を出していきましょう。

七トレはこちらへ

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です