望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

工務店の集客のためのチラシ|結果が出ない時のチェックポイントはコレだ!

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

こんにちは。七軍曹(Amikura)です。

5年前に比べ、集客の方法が全く変わってきましたね。
そうはいっても、5年前まで、チラシはまだまだ住宅業界でも、主力の集客ツールでした。

もうチラシの時代ではない。
ネットで全ては、完結する。
と言われながらも、まだまだチラシは、重要な集客ツールだと思います。

まだまだチラシで集客は可能だと思います

特に、即効性を重視した集客告知ツールとしては、
魂のこもったチラシが、お客様の所に届くことで、
多くのお客様に、効率的に、会社を知っていただく貴重なツールだと思います。

チラシは起爆剤になりますし、ガソリンの役割になります。

しかし、大事なことがあります。

それは、チラシは、ここ5年くらいで、
完全に、ホームページへお客様をお誘いする間接集客ツールに、
なったということ。

そこで今回は、集客のためのチラシを作成したけれど、結果が出ない時に、
チェックしていただきたいポイントを、言語化したいと思います。

お客様とのより良い出会いのために、活用いただければ嬉しく思います。

集客のためのチラシに使っている言葉が古くさい

まず、昔成果が出ていたけれど、今は成果の出ていないチラシの共通点に、
チラシの言葉が古臭いというのが、あります。

特に古臭く感じるのが、お金に関する言葉です。
お金を節約できるとか、
●●するとお金が得するとか、

お金の事ばかりが強調されたチラシは、
今の30代(アラサー2020)の方には、古くさく感じると思っています。

今の30代の方は、価値を認めればお金を支払います。
また、節約して、何かを購入するという感覚は、
普段節約していない世代の感覚で、
(バブルの世代や団塊ジュニアの世代に多いかもしれません)

普段から必要なものにはお金を支払うけど、
不要なものには、お金を支払わない30代にしてみれば、
当たり前のことを言われている感覚なのだと思います。

チラシに写真が少ないく言葉が多すぎる

次に、昔成果があったけど、今なかなか成果が出ないチラシの共通点は
言葉(文字)が多くて、写真が少ない点です。

写真が極端に少ないのは、完全にNGで
今は更に、写真も、言葉やイメージを連想させるものでないと、
なかなか行動につながるチラシにはなりません。

お客様に対し具体的に行動を促す言葉が不足している

次に多いのが、お客様に行動を促す言葉がないチラシになります。

これは、どちらかというと、
写真が多い会社のチラシによくあるパターンです。

イベント行きたくなる写真をふんだんに使う事は重要です。
ホームページやSNSを検索してみたくなるような写真を使う事は重要です。

しかし、最終的に行動を促すのは、やはり言葉が重要になります。

●●までに見学会にご予約下さい
などのイベントへの行動を促す言葉や、

建築現場の写真集はインスタをご覧下さい
などのネット上への行動を促す言葉

が、極端に不足しているチラシも、反応がないチラシになります。

旬なレスポンスデバイスを採用していない

次に反応がない理由が、旬なレスポンスデバイスがないものです。

先日も、電話でしか予約ができないチラシがありました。
今どき、嘘みたいな本当の話ですが、メール、QRコードでフォームへは当然のこと
今では、LINEでの申し込みも、あって当然のレスポンスデバイスです。

もうひと押しの肩を押すオファーがない

最後に、重要なのは、もうひと押し。
お客様の行動の肩を押すオファーです。

この辺りは、まだまだ全国的にばらつきがあります。

例えば、●●県は、ひと押しオファーがなくても集客するけど、
▷▷県は、ひと押しオファーがないと、集客が鈍るなどです

この辺りは、周りの住宅会社との関係(ライバルがいるかいないか)
も大きく影響してきますので、
毎回の顧客獲得単価をみながら、準備しておくに越した事はないですね

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です