望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

今週の課題|4月2日

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

4月2日(火曜日)〆切の課題をお願いしました。
参加者メンバーから気づきをいただきました。

1 「大丈夫、できる」と思うと
・脳ができる方法を探す
・心を落ち着けられるので、あわてず、解決策を考えることができる
2 「無理、できない」と思うと、できない理由ばかり考えてしまうから
(できる方法を考えなくなる)
3 特になし
4 慌てるとろくな事にならないので、困った時、困難な時こそ冷静に、できる方法を1つずつ考えていく

1.成功させたい、やり遂げたい思いが積極的な方向に向かうとセルフイメージが上がり努力するようになるから。努力によって成功のための情報やスキルが身につく。それを実行可能な方法と理解できるようになるから。
2.失敗したときの恐怖や自己防衛に考えがフォーカスされて行動することにストップをかけてしまう。そして実行しない理由を失敗しない理由と置き換えてしまうから。
3.今までやり遂げたこと、やらなかったことはそうしてきたことを思い出しました。
4.困難なことと思っても問題を細分化して一つ一つ取り組み、目的を達成する。

1・2脳はやろうという気持ちで考えれば実現するために必要な情報にアクセスしてくれる。その一方,やりたくないなぁという気持ちであればやらずに済ますための言い訳ばかりを潜在意識の中で探してしまう。
3不平不満を口に出すと耳からも脳にインプットされ,マイナスのサイクルに陥りやすい。
4不平不満を言いできない理由を探すのではなくどうすればできるのか?の自問自答を繰り返す。

1・知ろうとする努力。分かろうとする努力があり情報を集める事の出来るから
2・知ろうとするが努力しない。分からないとしないできないと(無理)決めつけてしまうから
3・自分自身でできる範囲を決めてしまうと2の考えになってしまう。
4・一気にではなく11つ解決していく。分かっていく。知っていく。

1.挑戦する心から、興味がある関心あるという意識を持つ事ができる
2.決めつける心から、拒否する、否定するという意識が生まれる。
3.わかった、知っていると思った瞬間から否定する方向に、向かっている。
4.素直に考える、結果を求めずにコツコツと罪あげていくことを意識したい

1.窮地に陥ることは、仕事を始める前でなく、仕事をしている途中のことが多く、「〇月〇日までに仕上げなければ!」と思うと、解決策がどんどん沸き上がります。いわゆる「火事場のバカ力」ですが、「できない!」と考える余裕がないと、「やりきる」という方向に自然と向かいます。
2.「どうしたらいいんだろう?」はよく思いますが、「できない」とはあまり考えたことがありません。
3.むずかしく考えずにミッションコンプリート!
4.「できない」ではなく「どうしたらいいんだろう?」を常に自分に問いかけ、無駄をそぎ落とした方法を常に探っていきたいと思います。

1.2.3.個人の感性・考え方の問題で積極的・消極的に分かれるとと思います。人は顔や体格が違うように、考え方も違います。共感できることに対しては積極的になり。関心がなければ、消極邸になるにではと思います。それは、脳へつながり潜在的にできる方法を模索するか、できない方法を見つけ出すかと、無意識に考えると思います。
4.積極的に考えて、スッキリと生きたいです。不退転で目標に向き合うことでは!

1.挑戦する気持ちがあれば、できる方法を考え成功した時のことを考えるから
2.出来なかったときや失敗したらどうしようといった気持ちが生まれ、できない理由ばかりを考えてしまうから
3.最初から無理やできないといった考えをしない
4.上手く行かない時のことを最初に浮かべてしまう、消極的に物事を考えてしまうので、悩んだり、立ち止まった時は、まずうまくいったことを考える.

1.前回の病気に立ち向かう心構えと同じ、やろうと思えばできるし、無理だと思えばできない。
2.脳にできないという自己暗示をかけてしまうから。
3.少しずつでもやってみる。
4.否定からでなく、肯定から入る様にする

 

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です