望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

今週の課題|7月16日

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

7月16日(火曜日)〆切の課題をお願いしました。
参加者メンバーから気づきをいただきました。

1)あなたの生き方、価値観に、一番近いのは、どの概念ですか?
ワーク・ライフ・シナジーが理想なんだろうなと思います。
2)あなたが、選んだその概念には、あなたはどのようなイメージを持っていますか?
今回、意味を全部調べました。ワーク・ライフ・シナジーには「仕事と生活の相互作用を生み出そう」と解説があり、なるほどと腑に落ちたので、このイメージです。
3)なぜ、その概念を選んだんですか?
家で仕事をしている私は、特に、会社にいくわけではないので、仕事と生活が密接しています。だからこそ、この2つの相互作用を生み出していきたいです。

1)あなたの生き方、価値観に、一番近いのは、どの概念ですか?
ワークライフインテグレーション
2)あなたが、選んだその概念には、あなたはどのようなイメージを持っていますか?
簡単で良いので、選んだ概念のイメージを説明してください「公私混同型の働き方」
3)なぜ、その概念を選んだんですか?
その概念を選んだ目的は何ですか? DTPは、環境さえ整えれば、自宅でもできます。自分の生活サイクルで、能率の上がる時間を選び仕事することもできます。女性が働きやすい考え方だと思うからです。

1)あなたの生き方、価値観に、一番近いのは、どの概念ですか?
ワークライフインテグレーション
2)あなたが、選んだその概念には、あなたはどのようなイメージを持っていますか?
簡単で良いので、選んだ概念のイメージを説明してください。ワークとライフを別のものと分けて考えるのではなく、あえて境界線を設けず柔軟、かつ統合的にとらえ、双方が充実できる働き方。
3)なぜ、その概念を選んだんですか?
その概念を選んだ目的は何ですか?現在、区の役などをやり、仕事、と個人生活の他にコミュニティという要素が入ってきたので、その三つを柔軟にこなし、お互いの相乗効果に結び付けられないか?と考えた為

1)あなたの生き方、価値観に、一番近いのは、どの概念ですか?
ワークライフシナジー、ワークライフインテグレーション
2)あなたが、選んだその概念には、あなたはどのようなイメージを持っていますか?
どちらもワークとライフを掛け算して考えるということだと思いました。どちらも充実させることでさらに豊かな生活へ趣味も本気で楽しむことで仕事に活かせる。ワークとライフは繋がっているんだよ。そう思います。ただ。調べたのですがこの二つの違いが僕にはわかりませんでした。
3)なぜ、その概念を選んだんですか?
ワークもライフも繋がっているためライフでの気づき、教わったことを仕事でも生かし、ワークでの気づき、教わったこともライフで生かしたい。何事でも掛け算が一番伸び代があると思っているため。
4)ワークライフシナジーとワークライフインテグレーションの明確な違いをワークショップで一度解説していただきたいです。よろしくお願いします。

1)ワークライフシナジー 一択。
2)仕事とプライベートのそれぞれを充実させようとするより、シナジーさせた方が、何倍もの充実感が得られそうなイメージ。3)これらの考え方の中では、唯一、仕事とプライベートをリンク(仕事で学んだことをプランベートで活用し、プライベートで経験したことを仕事に応用する)させ、相乗効果を生み出そうとする考え方なので、人生で起こった出来事の全てを二次利用、三次利用しようとするところが非常に魅力的だから。仕事の知識や経験を仕事に使うだけで終わらせない。プライベートでの出来事も仕事に応用して、社内やお客さまとのコミュニケーションに活用することが目的。

1)ワーク・ライフ・インテグレーション
2)未来での統合。ライフもワークも目指すところは同じ。とことん昇華すれば、いつか同じ場所に至る。
3)ワーク・ライフ・インテグレーションという概念は今回初見ですが自身の目指している方向性に一番近い概念が、上記でした。意識的な区分け意識的なシナジー追求も当然、大切にしていますが、自身のコアを見つめて行動した結果偶発的にできた区分けやシナジーはより深く、永続的だと感じるので意識の比重はそちらにおいて行動しています。ビジネスにおいて結果の見える行動を着実に実行することも必要不可欠だと思いますが「これ、何につながるか、わからないけどなんか、気になるし、何かにつながりそう」というような重要でも、緊急でもなく、自身の理解も超えている行動を切り捨てていくと長期的に先細りしていく感覚がありますのでそれを適度に拾っていくことが未来での統合、に焦点を合わせる目的です。

1) ワーク・ライフ・インテグレーション
2) ワーク、ライフ、コミュニティなどが別々ではなく全て繋がっている色々角度から新しい発見が生まれる。
3) しっかりと調べたことはありませんでしたが、今回全て調べてみたところ、自分の考え、目指すところが一番近かったのは「ワーク・ライフ・インテグレーション」でした。自分の行動を別々に考えるのではなく、全てが繋がっている。そこから新しい発見があり、さらには充実感を共有できる。そういった考え方が出来ると、今までとは違ったものの見方が、出来るようになることが目的です。私生活でリフレッシュできたら仕事もはかどる、仕事でいいことがあれば笑顔で家に帰れる・・・。そんな相乗効果を生む考え方にすごく共感しました。

1)ワーク・ライフ・インテグレーション
2)家でお仕事ができるイメージです。また、生活の中からお仕事のヒントが得られるイメージです。
3)在宅で、フリーランスでお仕事をしたいからです。

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です