望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

今週の課題|GWスペシャル

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

GWスペシャル課題へ
参加者メンバーから気づきをいただきました。

1)あなたは、誰に共感できますか?Aさんに賛同
2)また、その理由は、なぜですか?これまでの経験に乗っ取り考えているため。
3)あなたは、どのような意見ですか?強烈な方向転換は、順応するのに時間と対応能力が必要良いことはわかります、ワークライフシナジー含め時間がかかります。

1 1の答えを、いつかの質問で書いたように思います。ですので基本的には1ですがDさんの答えもありかなとも思っています。2 例えば世間をみると、浮気、借金をする人は、何度でも繰り返します。例え、それが原因で離婚したとしても、また同じことをする可能性が高い、ということは人は簡単には変われない、それによる強烈な出来事があったとしても、すぐに忘れてしまう、ということではないかと推測します。
3 本気で変わりたい、と自分が思わない限り、人は変わることはできない。

1 Dさん
2 気持ちの持ち方 意識するかしないか。で決めらることができる。
3 2で挙げた理由はあるものの、すぐ変われるものではなく、少しづづですが、信じて進める 変わろうという意識があれば 変わっていけると感じています。変われることに、大小はありますが、小さいこと(日常のこと)であれば、皆変わっていることに、気がついていないだけかと思います

1)Cさん・Dさん
2)変わることに抵抗のある人・ない人がいるし、変えやすい内容とそうでない内容があるかと思います。時の場合、『変わらなければいけない!』という強い意志が本人から生まれれば変われると思いますが、人によってはそこに至りやすい。至りににくいというのもあるかと感じています。そしてその内容・人物によってAさんやBさんのような意見が生まれるのではないでしょうか。
3)基本的に常に変わることは必要だと考えています。目標を立てることは、今出来ていないこと・足りないことを設定することが多いのではないでしょうか。そのままの状態では『達成できない』=『代わる必要がある』ということです。目標達成に向かって道筋を立て変わることの繰り返しです。

1. Aさん、Cさん
2. 変わるためには意識、環境、時間、外的刺激などの多くの要素が必要だと思うから。全てが揃う機会はそうそう無く簡単には変われる瞬間は訪れないから。自分でそのチャンスを作りたいと願って行動すれば変われる時はくるし、行動しなければ変われる時は来ないから。
3. 人間は相当な局面にならない限り自分で意志を持って変わろう!とはならないものです。思っても持続するかは別の問題。だから同じ過ちを侵す人が多い。上手くいかないことに自問自答を繰り返し、いろんなやり方や考え方をインプットし、結果として変わってきたいうことの方が本当の意味で変われるのだと思っています。

1)あなたは、誰に共感できますか?Aさん Bさん
2)また、その理由は、なぜですか?「ものごころつく」といいますが、生まれ育った家庭の中で「ものごころつく」ころには人格が形成されているのではないでしょうか?変われないのは、長い年月を同じ環境の中で生活して、同じ考え方をし続ける習慣ができれば、その習慣通りに生活していることが「楽」だからだと思います。一番手っ取り早い「変わる方法」は、環境を変えること。結婚、転職、引っ越しなど、自分をとりまく環境が変われば、その環境に無意識に順応しようとするから、知らず知らずのうちに以前の人格とは変化が生じているのではないかと思います。
3)あなたは、どのような意見ですか?Aさん・Bさんは、両極ですが、考え方の転換で「変われない自分」から「変わりたい」を実現できると思います。

1)あなたは、誰に共感できますか?Aさん
2)また、その理由は、なぜですか?そう簡単に変わらないから人はもがき苦しむのだと思いますしもがく分得るものもあるのだと思います。そう簡単に変わらないと言っていますが変わらないとは言っていないところがとても共感します。僕はパッと自分を変えれるほど器用ではないので少しづつでも変えていきたい。なのでAに共感です。
3)あなたは、どのような意見ですか?やはり少しでも変わるためには悪いと、いけないと思うことです。自分は何も悪くないと思っていては改善するところがないので変われません。悪くないのですから。なかなか難しいですが、少しづつでも自分を変えていきます。

1)cさんに共感します。
2)人はやる気のある日、ない日があると思うので、相手がやる気のない時に自分が接すれば自分のテンションもダウンしてしまうし、相手がやる気がある時に自分が接すればやる気になると思う。
3)パワーがある方にやる気があれば相手をやる気にも、パワーがある方がやる気がなければやる気があってもパワーがない人はやる気がない気持ちに流れて行くと思います。パワーがあるリーダーはポジティブに、前向きに行かなければならないと思います。

1) Cさんに共感できます。
2)自分の絶対に曲げられない信念があるものに対しては変われないだろうし、変わる事で潜在意識が喜ぶ事柄なら変われると思うからです。又、身体や心が弱っている時は、変わる事に使うエネルギーが不足しているので変わる事が難しいと思います。
3)絶対に変えられない時とは、人道的に許されない事を推奨されても無理だったり(でもそれも自分の命が脅かされたらこの限りではないでしょう)、自分の突き進みたい道を変えろと言われた時 無理だったり、でも、それも状況次第で変われる時もあるでしょう。人間は白か黒かハッキリと分けられる程単純なものでは無いと思います。最終的には変われても、変わる迄に時間や沢山の体験が必要な時もあり、未だ身体に染み付いていない時は変われない時でしょう。

Dさんに共感できる
②、③人が変わる時は、「気付いた時」何かに気付いた時に人は変わります。自分の癖で嫌だと思ってても、無意識で変えられない、と思うことは多いと思います。でも、「何が嫌なのか、なぜ嫌なのか」自分に問いかけ、気付いた時には、既にその癖は癖ではなくなるからです。

①Dさんに共感します。
②時代や環境が変わる中で、その場に留まろうとするか、前に進みたいと思うか、根本的な考え方自体が違うから。
③「人は変われる人もいるし、変われない人もいる」というのは、意識して・無意識かは別にして、「変わりたいか、変わりたくないか」だと思います。今の自分に満足をしてしまいがちな僕は、意識的に変わろうとしなければ、変われない人、つまり無意識で変わりたくない人になってしまう。人は変化を嫌うと言いますが、変わらない方が、そのままの方が楽だからです。「変われる人」とは、変化することで前進したいと考えている人のこと。「変われない人」とは、今の状況に満足し、その場に留まりたい、変えたくない人のこと。その場に留まりたい、安定したいという思いは、誰もが持っている部分だと思うが、時代が変化する中では、「留まる」ということは退化を意味すると思います。

1)あなたは、誰に共感できますか? Dさん
2)また、その理由は、なぜですか?ダイエットで痩せた人、タバコを止めた人は変われた人。いろいろな自己啓発セミナー、メンターに指導を受けても基本変わらない人がいます。
3)あなたは、どのような意見ですか?自分から、心底変わらねばと志を持てば人は変わると考えます。意思が弱いとまた同じ繰り返しをやる、変わる、変わらないは本人次第です。

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です