望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

【社員教育】経営者は経営幹部を育成できない|

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

セミナー投資で飛躍するメンバー、ダメになるメンバー
多くの社長がメンバーにセミナーを投資して
お金をゴミ箱に捨てている

 

こんにちは。網倉です。

今月も、「 社長の知恵袋 右腕・セカンドオピニオン 天の川レポート」を、
お届けします。

今月の天の川レポートも、社長が外注するもう一人の右腕の考えとして、
お読みいただければ、嬉しいです。

いつものように、質問はお気軽に。。。
どうぞ、よろしくお願いします。

網倉が、ともに研究し実践したいオーナー経営者とは?
私は、今まで、サラリーマンという立場で、
多くのオーナー経営者を見てきました。

その数は、おそらく日本で数本の指に入ると思います。

 

特に、1999年にダイレクト・レスポンス・マーケティングに出会い、
そして、2002年に、積水ハウスを退社した後は、
オーナー経営者の中でも、小さな会社のオーナー経営者の方に、
数多く出会って、その生き様を、見せていただいてきました。

 

その数は、おそらく5万人以上。
(今まで平秀信グループで、関わった会社の顧客名簿が、のべ30万人以上ですので、少なく見積もっても、5万人以上とは、メールあるいは、対面で関わってきている事になります。)

業界は、多種多様。

工務店業界はもちろん、
学習塾、整体業、自動車車検業、保険業などや、
税理士事務所、弁護士事務所、歯科医院、動物病院などなど。

このように、多くのオーナー経営者に出会う事で、
私自身が、世の中に貢献できる事、役に立てる事が、
次第に決まって来た歴史があります。
(本当に、貴重な経験ができる立場に、置かせていただいている事に感謝です)

 

私が、日々研究し、実践して行く上で、
自分自身でとても大事にしている事、掟があります。

その掟のひとつに、

一緒に研究し実践するオーナー社長は選ばせていただく。私自身が、メンバーとして、一緒に働かせていただきたいと思うオーナー社長、私自身が、この社長からなら商品・サービスを購入したいと思う社長とだけ、一緒にやっていく。そのオーナー社長の夢や目標の実現のお手伝いだけを、徹底的にする。」というものが、あります。
※ 私がオーナー経営者を見る視点は、常に、一緒に働くメンバーの視点であり、お客さん視点です。メンバーからみて、お客さんからみて、オーナー経営者がどのように見えるのか? しっかり、オーナー経営者の考えている事、伝えたい事が、伝わっているのか? を、考え様々なツールやサービスを、ご提案しています。

こういう仕事ですから、どちらかと言うと、
好き嫌いは、はっきりするようにしています。
なぜなら、私は、マーケティングやセールス、社員教育を、
現場のメンバーの方に、提供しています。

ですから、そのような社長のメンバーさんとのみお付き合いすることが、
最低限のエチケットだと、思っているからです。

 

ですから、私が5万人のオーナー経営者の全てと、
徹底的に関わってきたと言う訳ではないです。

しかし、この掟に従い、
この掟で出会い、継続してともに、研究実践している、オーナー社長には、
ある共通点があります。

 

それは、オーナー社長自身が、
学び実践する事で、成長し続けている事です。

そして、オーナー社長自身が、その喜びを知っている事。

 

何年経っても、良い時も、時には悪い時も、
継続してコツコツ学び実践している、オーナー経営者ばかりなのです。
(だからこそ、継続して業績が良く、人もあつまるので、ここまでは、当然の事かもしれないですが。。。)

 

ここからが大事です

そして、更に共通する事は、その学び、実践する事で、成長してきた体験を、
一緒に働くメンバーに味合わせてあげたいという気持ちを、強くもっていると言う事です。

 

社長ご自身だけではなく、メンバーにも味合わせてあげたい

そのように、強く思っている事です。

 

人生で、学び実践し自分が成長する事ほど、
自身を喜ばせる体験はありません。

知らない事を学び、新しい考え方を取り入れる。

 

そして、その考え方を実践し、今まで出来なかった事ができるようになる。

今まで出来なかった事ができるようになれば、
つまり、自身が変化、進化すれば、まわりの人
(特に、お客さんや、一緒に働くメンバー)も、変わって行きます。

 

お客さんも、喜んでくれて、周りのメンバーも喜んでくれる。

ビジネスをしていて、これほど、嬉しい事は、ありません。

 

そのような体験を自らがまずは体験し、
そして、次に、メンバーの方にも、味合わせてあげたい、
そのように、強く思い実践する、オーナー経営者が、私は好きですし、
一緒に、研究し実践したいと、思ってやってきました。

 

 

幹部育成は性教育の時代の背景にあるもの

社員教育は性教育。社長にはできない。

多くのオーナー社長が、社員教育に失敗してきた歴史。。。

 

しかし、そのオーナー経営者の善意が、
私たちメンバーに、しっかり伝わっているとは、あまり思えません。

むしろ、その善意が、迷惑に思われているのではないか?
その思いが、勘違いされているのではないか?
と思う事も、しばしばあります。

そして、サラリーマンの私でも、過去に、多くの失敗をしてきました。

  • 本人のキャリアアップのために、よかれと思って、セミナーに行かせたら、代休を取っていいですか? と、次の日に聞かれた。(会社のために、セミナーの言っているという無意識の発言に、カチンときた!)
  • セミナーに行かせても、行かせても、学ぶ事は大好きだけど、結果が出ない。投資してもらったものを、返そうという意識がない。

 

  • 楽しんでアウトプットしてもらおうと、昇給をグループ会社の研究開発費に回し、ブログにお金をかけた。しかし、ブログの更新は、一つに2〜3回

もう、10年も前の事ですが、私でも犯してきた失敗です。
誰よりも、メンバーの可能性を信じ、成長を望んでいる、
オーナー社長の失敗は、限りなく多いのではないでしょうか?

 

 

なぜ、社員の成長を考えたら、
簡単にセミナーに行かせては、行けないのか?。。。

なぜ、オーナー社長の思いは、メンバーに、伝わらないのでしょうか?

 

なぜなら、社員教育は性教育だからです。

日本では、親が子どもにまともな性教育が出来ないとの同様に
(親の力と子どもに性教育ができる力はイコールではない)、
社長が社員を教育する事は、難しいのです。と私は、オーナー社長に、言い続けてきました。

 

最近は、そのご提案を、受け入れていただき、
ご自身で社員教育をするのではなく、

自分でもできるけど、あえて外部に社員教育を任せ、
自らは、オーナー社長しか出来ない事のみに集中する方も、
数多くなってきました。

 

しかし、そのようにすることで、いろいろな弊害も、出てきました

その弊害が、

  • メンバーをセミナーに行かせても、効果があがらない。
  • あたかも会社のために、セミナーに言っているような感覚。

というものだと思います。

 

ですから、このタイミングで、改めて新しい提案を、させて欲しいと考えています

 

そして、新しい提案の前に、大事なことを、お伝えしておきます。

オーナー社長と社員では、根本的に環境や感じ方など、多くの違いがあります。

根本的な違いは、本当に多岐に渡り、その量も質も膨大です。
(だからこそ、チームが組めますし、お互いが活躍すれば、オーナー社長一人では、成し遂げられない大きな夢やWHYが実現するのだと、思います)

その中でも、今回ご紹介したい、根本的な考え方、行動、習慣の違いは、
「報酬と成果」についてです。

オーナー経営者は、

・成果を出したら報酬をもらうと言う、ビジネスでは内発的動機で、成果を出しやすい、善サイクルでビジネスが回ります

社員は、

・報酬の分だけ、成果を出さなければならないという、ビジネスでは外発的動機で、成果を出しにくい、悪サイクルでビジネスが回ってしまう。

ということです。

 

このことを、理解しないと、なぜ、オーナー社長が、
セミナーに投資しても、投資しても、メンバーが能力を発揮しようとしないのか?
が、理解できないと思います。

 

まずは、オーナー社長とメンバーでは、ビジネスをするときに、
その「報酬と成果」について、まったく異なるサイクルが置きてしまっている事、
サイクルが違うのだと言う事を、理解していただきたいと、思います。

 

つまり、繰り返しになりますが、

オーナー経営者は、常に成果が先で、報酬があとだからこそ、
内発的動機で、ビジネスに取り組む環境には、恵まれている事。

メンバーは、常に報酬が先で、成果があと(出さない)だからこそ、
外発的動機で、ビジネスに取り組む環境には、恵まれていない事。

 

オーナー社長と社員の間には、天の川が流れています
いくつもの違いから、大きな天の川を構成しています。

その違いのひとつ、「成果と報酬」の考え方の違いを理解し、
その天の川に、橋を架けたいのです。

 

今回私がする提案は、新しい提案です。

具体的には、オーナー社長が、メンバーの成長を願い、
セミナーに行かせると言う、決断をする前に、幹部の方に、
自ら内発的動機で、動いていただきたいのです。

 

ですから、今回の新しい提案は、幹部の方への提案になります

まずは、幹部の方が、今まで書いて来たオーナー社長の思いや、
今までの行動パターンを、ご理解いただき、内発的動機で、
向上心追求型幸福感を、得るために、
オーナー社長とメンバーの方の間に流れる天の川に、
自ら、幹部の方に橋をかける事をして欲しいのです。

 

具体的に、どのように、橋を架けるのか?

は、これからステップバイステップで、書いて行きますので、
まずは、御社の幹部の方に、このステップを実践していただきたいのです。
あるいは、この文章を読んでいる、
幹部の方に、自ら内発的動機で、やって欲しいのです。

 

それが、今回の天の川レポートを書く、私の唯一の動機です。

※ 幹部が御社にいない場合は、幹部育成期間なのだと思います。その場合は、オーナー社長自らが、メンバーの方に、やっていただく事を、お願いしたいです。どうぞ、よろしくお願いします。。。

 

 

社長とメンバーの間に流れる天の川に幹部が橋を架ける

社長がメンバーを、セミナーに行かせる前に、まずは、
幹部がメンバーにやって欲しい3つの事。。。

 

それでは、書いて行きます。あなたが幹部ならば、ぜひ、読み進めてください

ステップ0.成果を出し、報酬をもらう、P循環に変える

多くのメンバーは、
セミナーに行って、その投資してもらった金額を、
仕事の成果として、会社に返す事ができません。

 

しかし、もしかけてもらった、投資額を、成果として会社に返す事ができたら、
その結果、自分自身が成長し、そして、会社がよりよくなるのなら
(5WINになるのなら、、、)
お礼として、オーナー社長は、喜んで次のセミナーに、行かせるでしょう。。。

 

つまり、セミナーに行き学び、成果を出し、
メンバーも会社も、自分自身も嬉しい5WINの関係。

このP循環(善循環)が、続く事が本来は望ましいのです。

 

しかし、多くの会社では、そのようになっていません。

なぜ、そのようなP循環にならないのでしょうか?

 

その原因が、私たちサラリーマンが無能だから、
意識が低いから、やる気がないからとは、
私は、思っていません

 

考え方、行動、習慣が悪い事が原因だと、私は思っています

つまり、考え方が変われば、行動がかわり、習慣も変わると思っています

 

私たちサラリーマンは、報酬をもらってから、成果を出すという、
結果のでない考え方で、仕事をしています

この考え方で、結果出す実力が、今の私たちには、ないだけなのです。
(これでも、結果を出すのは、本当に、人間的な器やビジネス力が必要だと思います)

 

考え方を変えるのは、簡単です。

 

つまり、私たちの考え方を、先に報酬をもらい
(セミナーに行かせてもらい)、

そのあとに、成果を出す
(人間は、弱いです。ですから、実際には、成果を出さなくても、何も言われない小さな会社では、成果は出さないですし、出すどころか、成果を出すと言う意識さえ忘れます)
という、P循環のサイクルにすれば、良いだけなのです。

 

先に成果を出す、そして、報酬をもらう
(セミナーに行かせてもらう)P循環にする、
それだけで、全く違うサイクルになります。

つまり、セミナーに行く事は、投資ではなく
(正確には、そのあと、成果を出していない人が、ほとんどなので、消費ではなく)
ご褒美になるのです。

 

セミナーに行く事は、ご褒美です。

成果を出すから、報酬をもらう
(正確には、給料以外の報酬ですので、ボーナスみたいなものです。オイシいですね。。。)に、
サイクルを変えるだけで良いのです。

 

このような事をお話すると、私は、仕事で成果が出せていないから、
いつまでたってもセミナーに行けないという、
N(ネガティブ)な事を言う人がいるのですが、、、
(現実は、そんな甘っちょろい話しではなく、セミナーに絶対に行かないための手段として、何が何でも、絶対に少しの成果も出さないぞという考えが、何も行動しない事につながり、成果の出ない現実を作り出しているというのが、正しいのですが。まあ、その話しは、今回は良いとしましょう。。。笑)

 

そのような人のためにも、オーナー社長が、
メンバーにセミナーを投資する前に、まずは幹部が、
そのようなNのメンバーのためにも、トレーニングの場を用意して欲しいと言うのが、
これからご紹介する、ステップ1〜3のコンセプトです。

 

幹部の方は、大変かもしれないですが、まあ、幹部なんだから、
そのくらいは、してあげても良いでしょ。。。
(なんちゃって幹部にならないためにも。。。笑)

 

ステップ1.プリントアウトした新聞や雑誌の記事のコピーや画像をメンバーの机に置いてみる。

まず、幹部の方にやっていただきたいのは、幹部の方が普段、
学んでいる情報を、メンバーにシェアして欲しいのです。

 

私も、数社の幹部をやっています。ビジネスのために、
5WINで楽しく、豊かに、ビジネスに取り組み、結果を出すために、
日々、多くの情報を取り入れています。

その情報を、メンバーにシェアしてほしいのです。

 

具体的には、メンバーの方が読んでくれたら役に立つだろうと、
あなたが思う、ビジネスの情報、例えば、新聞や雑誌の記事のコピーを、
メンバーの方の机に置いたり、回覧にしたりして欲しいのです。

以下、実践されているとは、思いますが、
念のため、お金をかけないで、ビジネスの情報を仕入れる方法を、書いておきます。

  • ビジネスで役に立つ、新聞や雑誌の記事に出会う(仕入れる)方法

2週間に一度、図書館に行ってください。
そして、2週間分の新聞記事に眼を通してください。
政治とか、国際経済の記事を、見る必要はありません。

あなたのビジネスに関係あるネタ、例えば、地域欄とか、子育て欄とか、
そのような中で、役に立つと、あなたが思う
(幹部のセンスが問われます。。。)
記事を、デジカメで取ってください。雑誌も同様にしてください

 

週に2〜3回、会社からの帰りに、本屋によるのも良いかもしれません。

本屋では、デジカメでパチりは、できないと思うので、
1回いったら、2〜3つのネタに絞って、
その記事や文章のコンセプトを覚えて、本屋さんから出たら、メモをとれば良いと思います。
(私は、車にも、バックにもメモ帳が入っているので、そこに書き込みます)

よっぽど、良い記事だなと思えるものは、過去成果を出した、
ご褒美として、購入してもOKですが、購入することより、
本屋に、通う事が絶対的に、大事です。それは、覚えておいてください

 

ステップ2.無料セミナーの案内を、メンバーの机の上に置いてみる

新聞を読んでいると、地元で開催されている、
無料セミナーや勉強会みたいなものは、結構あります。

私の住んでいる長野県では、信濃毎日新聞社が、シェア1位なのですが、
そのような地域新聞があなたの街にある場合は、
その広告欄に出ている場合も多いですし、
読売、朝日、毎日など全国紙の場合は、地域欄に、ある場合も結構あります。

 

地元信用金庫や、生命保険会社なども、
ビジネスに役立つような無料セミナーを、多く開催していますので、
そのような記事をみつけ、
コピーして、彼らの机に置いておいていただくと良いと思います。

ステップ3.本やCDを、メンバーの机の上に置いてみる。

もし、あなたが、本を読んでいる、過去の賢者の知恵の結晶を、
自らのビジネスに活用している人ならば、その本の活用して欲しい部分を、
コピーして、そっと、メンバーの机の上に置いておいてください。

 

もし、本を読まない幹部でも問題有りません。
(長く、今のオーナー社長の元で、幹部を張りたいのであれば、自らの狭い考えだけで、ビジネスを行い、早い段階で壁に打ち当たるより、私たちより優秀な人の知恵の結晶を活用する、つまり、絶対に本を読んで学び、実践し、成長につなげるのがお勧めです。念のため。。。)

 

社長の本棚にある本を、お借りすれば、良いのです。
(許可を取ってくださいね)

つまり、以下のように、進めます。

1)社長の本棚にある本を、まずは自分が、読んでみる。

2)読んだ本の良かった部分を、コピーを、メンバーの机に置いておく

 

ここだけです。

ここまでは、ほぼ、私たちの投資額ゼロ円です。
仮に、奥さんがいて、奥さんが、勉強する事にお金と時間を使う事を、
反対したとしても、出来る事です。
(現実は、そんな甘っちょろい話しではなく、絶対に自ら勉強する事にお金と時間を使わないための手段として、何が何でも、お金も時間も使わないぞという考えが、奥さんが勉強することを、反対しているという幻想を生み出している。実際には、奥さんは、そのように言っていないけど、奥さんのせいにしたいという感情が、そのような言い訳を作り出しているというのが、正しいのですが。まあ、その話しは、今回は良いとしましょう。。。笑)

私たちに、幹部として、なんとか5WINで、内発的動機で、
行動したいと思う気持ちがあれば、できる内容では、ないでしょうか?
(私は、内発的動機を、ビジネスで最も重要視します。ですから、もちろん、あなたにこれらをやっていただきたいと、強制しているわけではありません。念のため。。。)

投資して伸びる人、伸びない人の見分け方。。。

私たちやメンバーの思考が、「成果が出たら報酬をもらう」という考え方になり、
やがてそのような行動になり、習慣化するために、
ステップ1〜3を私たち幹部が、まずは自ら実践する。

そして、そんな私たち幹部を見て、
メンバーの方にも実践していただき、ステップ4の世界
(次月号でお伝えします)で待っている、
メンバーに投資したくて仕方が無い、オーナー社長に引き継ぐ。

そのためにも、今回、最もお伝えしたい事として、
幹部の方に、以下のことをお伝えします。

(注目点1)すぐに、「情報をありがとうございます」の一言が言えるか?

新聞や雑誌の記事、無料セミナーや本など、
何か、机の上に置いたら、どのような反応をするのか? に注目してください。

例えば、新人なら、最初の一歩として、与えられたものに、すぐに、
「この記事を下さったのは、どなたでしょうか? ありがとうございます」
と、言えれば、それは、上出来だと思います。

与えられたものに、何かをきちんと返せているからです。

ただ、何も返事をしない、与えられたものを、そのまま。
与えられても、それが普通という態度はまずいです。

忍耐強く5〜10回やってみて、それでもそのままならば、
しっかり、与えられたものには、しっかり返すと言う事や、
そもそも、なぜそのような記事を、机の上に置いているのか?

から、私たち幹部が、説明しなければならないかもしれません。
(それは、社長の仕事ではありません)

(注目点2)後日、「●●●」しました。など情報に付加価値を付けられるか?

 

机の上に置いた、新聞や雑誌、本や無料セミナーなどに反応
(お礼がしっかりと出来)した方には、
次に、その情報を使って行動できたのか?
に注目してください。

例えば、新人なら、「いただいた情報をブログで使ってみました」
などの報告があったりすれば、
(なかなかここまで出来る人はいないです。)

 

それはすごい事です。

報告がなくても、ブログをみたら、書かれていた、
クライアントさんとの会話で使っていたとか、
実際に活用できていたら、それは素晴らしいと思います

ちなみに、新人さんの場合は、付加価値の内容は、
あまり注目しようとしないで下さい。

内容よりは、与えられた情報に対し、返そうとしたのか?
情報を活用しようとしたのか? 活用して付加価値を作り出そうとしたのか?
精神論になってしまうかもしれないですが、行動しようとしたか?
の意志があるか?ないか?

の方が、1,000倍重要です。
仮に、どんなにヘボイ感想、付加価値の内容でも、
まずは、その行動力に敬意を表していただくのが、お勧めです

(注目点3)後日、情報を活用し、結果を出す事ができるか?

情報に反応し(注目点1)、活用するために行動
(注目点2)出来たあとには、結果を出したかを、注目してみてください。

ある情報(無料)を与えたら、何か結果を出すことができた。(注目点3)

ここまでいくと、もう、成果→報酬のサイクルがはじまっています。

 

つまり、無料の情報を活用し結果(成果)を出せる人は、
目の前にある情報に気がつき活用するために行動し、
結果を出せる人で、このような人には、どんどん投資すればするほど、
伸びる、START地点に立った人なのです。

まずは、私たち幹部は、ここまで行い、投資して伸びると判断した人を、
社長へ、ぜひ彼に投資して欲しいですと、推薦すれば良いのです。

私たち幹部は、何のために、このような事をするのでしょうか?

それは、私たち自身が、成長するためです。

ステップ1〜3の実践の結果、私たち幹部は、

  • 決して、見返りを求めることなく、忍耐強く、毎日、毎日、コツコツメンバーをサポートする、重要さに気づくことができます。
  • メンバーと言うのは、大袈裟に言えば、自身の5倍くらいのビジネスの力の差がないと、上司の提案を真剣に聞いてくれないことも分かります。
  • 私たち幹部の考え方、行動、習慣こそ、毎日見られているということに、気がつく事ができます。
  • 私たち幹部が襟を正し、考え方、行動、習慣を磨かなければならないのは、自分自身のための権利でもあるが、メンバーへの義務である(5WINだ)ことも、分かります。

などなど、このような、小さな会社の幹部には、
本当に、本当に、本当に、必要な気づきや能力を手に入れるきっかけをつかむ事ができます。

今回は、今までにない新しい提案でした。

ぜひ、多くの幹部の方に、一緒に、実践いただくと、嬉しく思います。

 

次回は、ステップ4から、
つまり、幹部が推薦してきたメンバーに対し、その後、オーナー経営者が、、、

  • どのように、メンバーにセミナーを投資していくのと良いのか?
  • どのように、幹部に新規事業を、起こしてもらうのか?
  • どのように、幹部に新しい事務所を、開いてもらうのか?
  • どのように、幹部と新しい会社を、起こして行くのか?

オーナー経営者と、そこで働く幹部、メンバーが、WINWINになる方法を、お伝えします。楽しみにしていてください。

 

<ご提案したい解決策>

今回のご提案は、私が、オーナー社長にするご提案ではありません。
そうではなく、この文章を読んでいただいだ、
オーナー社長の元で働く幹部の方たちが、
内発的動機で5WINのために、メンバーの方たちに、伝えて欲しい事です。

これは、私の考えですが、社員教育は性教育です。
この考え方を、もっとも、上手く丁寧に伝え、メンバーの方たちが行動するまでチャレンジできるのは、幹部の方たちだと思うからです。

ご検討の程、よろしくお願いします。。。

<幹部の方へのご提案>

  • 与えられたものには、すぐに反応する事が、ビジネス以前に、人としての礼儀であり、応援団をつくるはじめの一歩である事を、自ら実践し伝える

 

  • 与えられたものには、付加価値をつけて返す事のみで、今私たちは成長できることを、自ら実践し伝える。

 

  • 与えられたものに返済するのではなく(報酬→成果)、生み出したものに与えられる事(成果→報酬)で、世の中は回っている事を、自ら実践し伝える。

今月のお話は、ここまでです。

今回の話しも、社長のためというより、
80%は同じ立場のサラリーマンのために、書かせていただきました。

彼らが、毎回、毎回、同じパターンで、後悔するのが、私は嫌なのです。

今回の話、もし良ければ、社長の会社の幹部にお聞かせください。

(このレポートを、幹部に見せていただく事でも、OKです)

彼らが、無意識に陥っているパターンに気がつき、

自ら考えるきっかけにしていただけたら、
セルフチェックのきっかけに、していただいたら嬉しいです。

気がついた時が、スタートです。遅すぎると言う事は、ありません。

 

私たちサラリーマン幹部の成長を、
厳しく見守っていただければと、思います。

今後とも、引き続き、どうぞ、よろしくお願いします。。。

 

株式会社エル書房 代表取締役
右腕・セカンドオピニオン・プロジェクト
リーダー 網倉博(あみくらひろし)

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です