望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

【社員教育】リーダーシップより必要な考え方と実践方法

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

こんにちは。網倉です。
今月も、「 社長の知恵袋 右腕・セカンドオピニオン 天の川レポート」を、
お届けします。

今月の天の川レポートも、社長が外注するもう一人の右腕の考えとして、
お読みいただければ、嬉しいです。

いつものように、質問はお気軽に。。。
どうぞ、よろしくお願いします。


近況報告

2015年、11月1日に、BOSS平秀信が、エルハウスに復帰しました。
そして、営業関係のテコ入れを、依頼されました。
その関係で、エルハウスのメンバーと、やりとりすることも、だんだん、増えてきました。
私に取っても、新たなコミュニケーション能力開発の道場になります。

 

今回の依頼を受けた背景には、次のステージに向けて、エルハウスでも、
「一緒に会社を引っ張っていける、営業リーダーの仲間を作ること」、

「一緒にグループを引っ張っていける、幹部の仲間を作ること」が、重要だと考えていることが、あります。(おそらく、それを求められているのだと、自分なりには解釈しています。)

 

エルハウスのメンバーと話をしていて、まだまだ、オーナー経営者が、本当に伝えたいことが、なかなか伝わっていないと、感じる場面もありますが、ビジネスで、楽しく豊かに生きていくために必要な、共通の言葉(5WIN、内発的動機、決断などなどなど)や思考法や、その実践が足りないとの思いから、まずは言葉を変えることから、コツコツ、行っている現状です。

 

人は、ちょっとした気持ちや、行動の変化で、今までとは違う結果を出すことは可能ですので、真面目に取り組む彼らであれば、すぐに自ら、より良い、結果を導き出すと、考えています。(楽しみです)

 

今回のBOSSの復帰の過程では、実は、3年くらい前からの大きな流れで見ると、どのような時に、人は育つのか? どのような時に、人は成長するのか? など、セルフチェックをしたり、私たちサラリーマンが、教訓にすることが望ましいエピソードなども、たくさんあります。(日々、アイデア・実践ノートに、メモしています)

 

その一つ一つが、小さなオーナー社長の会社では、将来良い教科書になっていくのだと思います。この教科書は、特に、全国の小さな会社で、オーナー経営者を支えて、働いている幹部の方は、楽しみにしていただきたいと、考えています。
この天の川レポートでも、時には、実況中継で、役に立つと判断したことに、ついては、お話ししていきたいと思います。
お楽しみにしていて下さい。。。

 

優秀なオーナー経営者の元で働かないと成長できないのか?

エルハウス復活に向けて、今、オーナーが、戦術の指示を、細かく出しているような状態です。

 

11月21日、22日には、見学会があります。

今、商品を全面的に改良しようとしています。

制服を変え、ビジネスで使う言葉を変えようと、しています

その一つ一つに、オーナー自ら、指示を出し続けています。

これは、すごく重要なことなのですが、オーナーも指示を出したいわけでは、ありません。現実的に、社長に、復帰する前のオーナーは、指示を出すというよりは、どのように、会社を運営していくのか? を、半年に一度聞いて、確認する程度の状態だったと思います。それより、さかのぼること、2〜5年は、任せきり、何の指示も出していなかったように思います。

 

それが、今は細かく指示を出している。

つまり、今のエルハウスでは、トップダウンで、指示を出さざるをえない状態、指示を出さなければ、前に進まない、それほど、自らは行動しない状態、できない組織になっているのだと思います。

 

有名なカナダの教育者、ウィリアム・ウォードさんの言葉に、以下のようなものが、あります。超有名な言葉なので、あなたもご存知かもしれません。

1.The mediocre teacher tells.(凡庸な教師は指示をする。)
2.The good teacher explains. (よい教師は説明をする。)
3.The superior teacher demonstrates. (更に優れた教師は範となる。)
4.The great teacher inspires. (そして偉大な教師は内なる心に火をつける。)

 

このウィリアム・ウォードさんの言葉に、従うならば、今のBOSSの会社経営は、教師としては、凡庸です。

しかし、実はそんな簡単な話ではないと、私は考えています。

 

指示する方が、凡庸なのか? 指示させる方が、凡庸なのか?

しかし、私がいつも、疑問に思っていることが、あります。

それは、これだけ情報化社会の中で、つまり、オーナー経営者も、新入社員さんも、同じ情報が仕入れる中で、本当に、指示する人が凡庸なのか? という疑問です。

 

・紙とペンが発明されていない時代なら、仕方がないかもしれません。

・有益情報が口伝で伝わる時代なら仕方がないかもしれません。

・本が高価で、一般の人は買えない時代なら、仕方がないかもしれません。

・インターネットが無く、簡単に調べられない時代なら仕方がないかもです。

 

しかし、今は、そのような時代ではないのです。

ネットを見れば、このような情報を、誰でも、仕入れることができるのです。

(私たちサラリーマンが、このような情報に、興味を持ち、探すことが楽しいと思ってもらえるような環境を、今後一緒に作っていきたいと思っています)

 

そのような状況の中で、そのような時代に、本当に指示する方だけが、凡庸なのでしょうか? そんなことは、ありません。私は、指示される環境を作っている方も、凡庸なのだと考えています。

 

ビジネスにおけるリスクを全く取る必要がない(会社が倒産しても、命も自宅も、財産も取られません。)私たちサラリーマンが、その気になれば(興味を持てば、求めれば、)オーナー経営者や、ビジネスでうまくいっている人と、同じ情報を仕入れられる時代では、私たちが、フォロワーシップを学び、教わり方が、もう少しうまくなれば、より早く成長できると、思うのです。

 

今まで、私たちサラリーマンは、会社の社長や上司のリーダーシップや、教え方に、依存し過ぎてきたと、思います。

 

この異常なほどの依存体質は、世の中のどの現象にも、見ることができません。

 

例えば、親にリーダーシップがなく、教え方が下手だからといって、20代、30代になって、自立が出来なかったり、うまくいかないことを、子どもは、親のせいにするのでしょうか?

 

そんなことは、ありません。

親が望むような人でなかったとしても、環境が悪かったとしても、子どもは成長したり、望む人生を手に入れる(親のリーダーシップ、親からの教育に依存するのは、義務教育までです。それを、超えたら、もう本人次第です。)ことができます。(もし、親のせいにしていたら、みっともないです。)

同じように、私たちサラリーマンも、社長や上司のリーダーシップや、教え方に、依存しては損なのです。依存している場合ではないのです。(百歩譲って、指示をして欲しかったら、私たちサラリーマンは、会社ではなく、インターンシップとして、会社の学校バージョンに入学するのが道理です。)

 

 

情報化社会とは、どういう社会なのか? プレジデントファミリーの読者は誰なのか?

例えば、網倉家では、3年くらい前まで、プレジデントファミリーを、定期購読していました。

 

当初は、私と妻が、「子どもを動かす」を、学び実践するために、購入したものでした。

※ ライフワークシナジーを実践するのに、お勧め。プレ・ファミ。。。

この本の読者は、親で、親が子育てをする際に、注意するべきこと、実践してほしいアイデアなどが、毎月テーマをもたせながら、書いてある本でした。

 

私の狙いは、夫婦で、「子どもを動かすために、自ら動くこと」を、この本で学び、実践することで、そこから出てくるアイデアや経験を、ビジネスに活かしたい(お客さんやクライアントさんに、アドバイスを求められた時に、活かしたい)というものでした。

 

しかし、半年もたつと、この本を、誰よりも、学び、実践しているのは、私の娘になりました。

・親がどんな時に、イライラするのか?

  • どうしたら算数が、楽しくなるのか?
  • 中学生で楽しく数学をするには、小学生の今、何をしたらいいのか?

などなど、すべて本に書いてありますので、自分で読み、考え、行動するようになりました。

 

環境さえ整えれば、親の教育方法に、依存せず、自ら子どもが興味のある情報を手に入れ、学び実践する時代。(もちろん、子どもの場合は、手に入れることができる情報を、選ぶ必要があると思います。)

 

私たちサラリーマンが、自らの人生を豊かに、楽しくするために、社長や上司に、リーダーシップや教え方を、わざわざ学んでいただくのではなく(社長や、上司が、ご自身のために、それらを自ら学び、実践するのは、自由です。)
私たちが、自ら、フォロワーシップや、教わり方に、興味を持ち、学び実践することができる時代なのです。

 

 

今小さな会社に足りないものは何か? リーダーシップの時代から、フォロワーシップの時代へ

 

私は、中間管理職です。(スーパー中間管理職のつもりです。)

中間管理職には、BOSSもいますし、部下もいます。つまり、リーダーである場合もあるし、フォロワーの時もあります。立場、場面で、リーダーシップを発揮しなければならない時もありますし、フォロワーシップを、発揮しなければならない時も、あります。

 

だから、どちらの立場も理解できます。

どちらの難しさも、どちらの達成感も、理解できます。

 

しかし、情報は、実はすごく偏っています。

リーダーシップの情報は、街中に溢れています。ネットで検索することは、可能ですし、本屋さんに行けば、その情報は、どれを実践するのが良いのか? 迷うほど、多く存在しています。

 

しかし、フォロワーシップの情報や、教わり方の情報は、驚くほど、少ないのです。この天の川レポートでは、今後も、小さな会社の幹部の方や、若手敏腕ビジネスマンの方の役に立つような情報を、紹介していきたいと思います。

 

 

網倉流解釈フォロワーシップ論

冒頭で、カナダの教育者、ウィリアム・ウォードさんの言葉を紹介しました。

今回は、その言葉を、網倉流で解釈したものを、紹介したいと思います。

 

つまり、ウィリアム・ウォードさんが、リーダーに当てた言葉を、網倉がフォロワーの皆さん(幹部の方や、若手敏腕ビジネスマンの方)に、このように解釈して、日々実践すると、すぐれたフォロワーとして活躍できるのではないか? という、仮設のご紹介をしたいと思います。

 

網倉流解釈を、今回応用したいのは、

The mediocre teacher tells.(凡庸な教師は指示をする。

という部分です。

凡庸な上司は、指示をします。確かにそうです。しかし、大事なことは、その凡庸な上司にさせているのは、私たち自身なのです。

 

私たち部下は、上司を凡庸にしては、いけません。凡庸な上司ではなく、良い上司になってもらわないと、いけません。

つまり、私たちが、上司を凡庸な上司から、良い上司に変えることができます。それは、指示を上司にさせないことです。

 

上司は、部下に、

「○○と思うのですが、いかがでしょうか?」

と聞かれた場合、多くの上司は、うれしいはずです。そして、なぜ、そのようなことを、やろうとしているのか? その意図は、何なのか? 話を聞いてくれるはずです。

 

また、

「私は、○○をやろうと思うのですが、どう思いますか?」

と聞かれた場合、上司は、それを実現させるために、どのようにすれば、より良くなるのか? を説明してくれるはずです。

 

つまり、「主体的に仕事をしている」、部下には、上司は、部下の考えていること、行動しようとしていることを、聞こうとするのです。そのようにしたくなるのです。

 

私たちが主体的に、学び、実践することで、上司は、指示をするのではなく、よく話を聞いてくれ、やりたいことを、やらせてくれようとする。やりたいことを、実現するために、そのやり方を説明してくれる、良い上司になるのです。

 

確かに、凡庸な上司は、指示を出します。

しかし、その指示を出させているのも、部下なのです。

 

部下が変われば、上司も変わります。
上司が変われば、部下が変わるという本はたくさん出ていますが、もうそろそろ、部下が変われば上司も変わることを、実践する部下がたくさん出てきても、いいのではないでしょうか?

そのように、考えないと、私たち部下の成長は、いつも上司に依存していることになります。上司が優秀でなければ、部下も優秀になれないことに、なります。それでは、私たち部下の生活は、いつまでたっても、安定しません。(それに、いつまでも、自分の成長の原因を、上司にするのは、みっともないのです。)

 

親と子どもの関係から見ても、そんなことは、ありません。

情報化社会の中、これだけノウハウが公開されていて、そんなことは、ありません。

 

私たち部下次第で、上司を良い上司にしたり、優れた上司にしたり、偉大な上司にさせることも、できるのだと思います。

今月のお話は、ここまでです。

 

今回の話しは、社長のためというより、99%同じ立場のサラリーマンのために、書かせていただきました。特に、指示をされる立場の若手メンバーの方(入社1〜2年くらいの方)には、よく読んでいただきたい内容です。

 

今回の話し、もし良ければ、社長の会社のメンバーにお聞かせください。

(このレポートを、見せていただく事でも、OKです)

 

彼らが、無意識に陥っているパターンに気がつき、自ら考えるきっかけにしていただけたら、セルフチェックのきっかけに、していただいたら嬉しいです。

気がついた時が、スタートです。遅すぎると言う事は、ありません。

 

私たちサラリーマン幹部の成長を、厳しく見守っていただければと、思います。今後とも、引き続き、どうぞ、よろしくお願いします。。。

株式会社エル書房 代表取締役
右腕・セカンドオピニオン・プロジェクト
リーダー 網倉博(あみくらひろし)

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です