望む人生を手に入れよう

地域工務店経営のための教科書|最新研究・実践・事例発表会で公開

工務店経営に必要な情報と知恵を無料購読する

住宅会社のこれからの経営|2020年からの工務店戦略

七軍曹
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

こんにちは。七軍曹(Amikura)です。

今、住宅業界も、さらにガンガン変わっていきます。
今までも変わってきたのですが、特に、この1〜2年は、さらに変わってきているように思います。

正確にいうと、変わっているのではなく、
変わってきた事がさらに見える化されて
多くの人が、ようやく気がついてきたのかも知れません。

どちらにしろ、お客様にとっても、
業界にとっても良いことは間違いありません。

そこで、今回は、住宅会社がこれからの経営を考える際に
改めて確認しておきたい3つの変化を復習してみます。

最後までお付き合いください。

世代交代?!|再生工場?!|新卒採用の流れ|未経験者採用の流れ

確実に世代交代の波が来ています。
工務店や住宅会社という組織体が生まれたのが2000年頃。
それまでの多くの工務店は、大工さんでした。
あるいは、公共事業を行なっていた会社でした。

あれから、20年。
当時、30代で活躍していた人たちが、50代になろうとしています。
また、40代後半のメンバーも増えてきました。

40代後半、50代のメンバーには、
2000年前半の時のローコスト住宅での強烈な成功イメージがありますので、
なかなか新しい事にチャレンジし難いかも知れません。

しかし、そのことがかえって、工務店の変化のスピードを遅くしています。
大手ハウスメーカーは、さらに先を行っています。

あれから20年。
再生させなければなりませんし、再生しないのであれば、
世代交代させなければなりません。

新卒採用の流れ

世代交代の一つのシナリオは、新卒の採用です。
新卒の採用は、ある意味激戦です。
なぜなら、大手ハウスメーカーと同じ道を歩むからです。

大手ハウスメーカーと同じ土俵で、同じ方法で戦う。
これは、とても勇気のいることです。

ですから、多くの住宅会社は少しずらして、新卒採用をする事になります。
戦術はたくさんあるのですが、各会社がとてもユニークな方法で
勝負して言います。

特に、地域の特性をうまく生かして勝負している工務店は、
素晴らしいものがあります。

未経験者採用の流れ

世代交代のもう一つのシナリオは、未経験者採用の流れです。

住宅会社(工務店)は、2000年以降、ある意味良い時代を過ごしてきました。
ビジネスツールにしても、大きな変革にしても、業界的にいつも遅いのは住宅業界です。

これは、外資系の住宅会社が入ってこないのと、
大手ハウスメーカーでも、そのシェアが低い事。
車などと比べると、生産過程がお大工さんに頼るものも多く
参入障壁も低いことなどが挙げられます。

この変革しない業界の中で、そこで働くメンバーは、変わっていく事に慣れていません。

そのような慣れていないメンバーを変えるくらいなら、
いっそのこと、未経験者を採用した方が良いという流れです。

・接客術が求められるレストランやホテルなどの接客業からの採用
・コミュニケーションや忍耐力が求められる自動車業界からの採用
・見た目や提案術などの接客が求められるアパレル業界からの採用

などが実践されているのはそのためです

ツール交代|デジタルマーケティング・セールスへの流れ

40代後半から50代の再生には、
まずはビジネスツールを新しいものにするのが、ベストです。

ビジネスツールを新しくすれば、脳が変わります。
必ず、復活再生します。

具体的には、
メールではなく、チャットを使います。
Facebookのメッセンジャーも使えば、LINEでトークも行います。

お客様とのやりとりは、マーケティングオートメーションを活用し、
ブログもワードプレスを使います。

YouTubeの動画を、お客様とのセールスコミュニケーションで活用し
芸能人セールスを行います。

営業という仕事は、無くなります。
マーケティングセールスという仕事が、既に新たに誕生しています。

40代後半から50代はその流れに乗るのです。
プライドを捨てて、その流れに乗るのです。
必ず復活し、再生します。

格差社会|メンバー間格差の時代

そして、今後益々、無理やり働いてもらうことが出来ない時代になります。

働く時間が決められ、
複業が解禁され
楽しく目的を持って、目標を持って働き、成長していく人と、
働く時間をお金に変えていくだけの人

の差が益々ついていく事になります。

成果を出して、その成果に見合う報酬をもらい
さらに成長し、楽しみながら働く人と、

成果にはあまり興味がなく、働いた時間に対する報酬をもらう
古い感覚から抜け出せずに、成長のない人、

人格的に、どちらも、良い悪いはないけれど、

ほっておくと、何も手をつけないでいると、
そのような人たちが、一緒の会社で働くことへ向かっているのが、
今の時代だと思います。

そのような時代では、しっかりと、
会社の存在の目的と、これからの目標をしっかりと、掲げ
それに見合う人、一緒に働くことで喜びを感じる人と
一緒にやっていくことが重要です。

住宅会社、工務店のこれからの経営、
2020年以降、これから益々面白くなっていきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
七軍曹
東京都出身。高校卒業後、信州で学生生活を送る。卒業後の1996年大手ハウスメーカー積水ハウスに入社。ラッキーパンチで、新人王などの成績を残したが、飛び込み訪問に限界を感じる中、どん底の体験をする。1999年ダイレクトマーケティングに出会い、セールス方法を研究・実践する。 2002年スカウトされ、「株式会社エルハウス」に入社。住宅営業として活躍する一方、2004年にはアメリカ・ボストンにマーケティング留学。帰国後は、長年培ってきた独自のノウハウの継承のため、セミナーを開催するなど、住宅コンサルタント、住宅アドバイザーの育成にも力を入れる。2011年以降は、数社のグループ会社の立ち上げや運営にも携わり、サラリーマン経営者として、活躍。 現在は、工務店の現役役員として、マーケティングと経営に力を注ぐ一方、全国数十社のオーナー経営者、経営幹部・リーダーと共に、メンバーが望む人生を手に入れ、主体的にライフもワークも楽しむ仕組みづくりを行なっている。自称フロー父さん&七軍曹。夫・父・子・リーダー・フォロワー・コーチ・アスリートの1人7役を楽しむ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です